同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
インカレ2回戦の壁超えられ...
上岡・三輪ペア圧巻の関西制覇!
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
'18ルーキー特集 : レスリング部
‘18ルーキー特集「レスリング部」

先日行われた春季リーグで2部降格に終わり、厳しい局面に立たされている同志社レスリング部。再び一部に昇格するために新戦力の台頭が重要ともいえるだろう。そこで新たに加わった2人のルーキーについて紹介していく。

 

一人目のルーキーは島中斐子(社1)だ。天性の愛嬌で部員の妹的存在である。小学校では体操、中学ではバスケに励み、レスリングを始めたのは高校からである。体験に行った流れで何気なく入部することになったが近畿大会1位、全国ベスト16になるなど、成績を残し、マルチな才能の持ち主である。そんな彼女の大学の部活の印象として、「自由」とあげた。高校と違い強制されるのではなく、自主性が尊重されるのが同志社の特徴である。新たな環境で日々練習に励んでいる。

 

天性の笑顔でチームの妹的存在。

 

2人目のルーキーは戸田勝己だ。小学校から高校まで柔道に励み、レスリングを始めたのは大学からである。入部した理由は「新しいスポーツを始めたかったが、格闘技は続けたかった」。ということである。柔道で培われた投げ技などの技術は、レスリングのグレコローマンスタイル(腰から下を攻めることは禁じられ、上半身だけで戦う)でも生かされるという。 目標を「目の前試合に勝つことと」と掲げており、これからの伸びしろが期待できる選手といえる。

 

大学で新たに始めたレスリングに日々励む。

 

新人戦が目前に迫っており、これまでの練習の成果を発揮できる最高の機会である。結果を残すことも重要であるが、それぞれの満足のいく結果となることを一番に、健闘を祈る。(赤地貴音)

 

〇プロフィール

島中斐子(しまなか・あやこ)

社会学部社会福祉学科/160.8㌢/橿原学院高等学校出身/趣味・音楽を聴くこと

 

戸田勝己(とだ・かつき)

生命科学部医情報学科/163㌢/金光学園高等学校出身/趣味・音楽を聴くこと、テレビを見ること

 

 

 

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について