同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第96回関西学生サッカーリ...
宿敵から2勝目を奪う
関大に惜しくも敗北
月1座談会 第6弾「幹部が...
選手コメント
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年9月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
'18ルーキー特集 : 軟式野球部
'18ルーキー特集「軟式野球部」

春季リーグを2位で終えた軟式野球部。秋に向けてリベンジに燃える同志社ナインに、今年も多くの新たな仲間が加わった。その中から注目選手を2人紹介する。



左から、松井(社1)と石橋(政策1)



1人目は石橋和希。東筑高校出身で、3年生の夏には甲子園でベンチ入りを果たした期待の新人だ。大学でも野球を続けようと決め、雰囲気に惹かれて軟式野球部に入部した。自分たち主導で動く、高校時代とはまた違った大学の練習に汗を流す。憧れの先輩は現主将の松井(商3)だ。松井も甲子園出場経験があり、石橋と同じ内野手。共通項にシンパシーを感じている。「自分達も先輩らの良い雰囲気に馴染んでいきたい。」と力強く話した。


2人目は松井龍一。投手経験はあるも、高校では空手部に所属し武道を極めていた。大学では投手として活躍したい、と軟式野球部の門を叩いた。憧れの選手は田川(商3)だ。田川は松井と同じサウスポーで同志社投手陣の軸を担っている。「超えたいです。」そう語る左腕の成長が見逃せない。


日々の練習や試合でも、まずは野球を楽しむ。チームの武器の1つでもあるその姿勢が同士たちを引きつけた。まだ入部して間もないものの「入ってよかった。(松井)」と、すでに部に魅了されている。今後の抱負を聞くと「全国優勝」と答えた2人。新戦力たちがチームを活気付け、頂点への歩みをさらに勢い付ける。(犬飼静香)




○プロフィール


石橋和希(いしばし・かずき)

政策学部/内野手


松井龍一(まつい・りゅういち)

社会学部/投手

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について