同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'18ルーキー特集 : バスケットボール部
'18ルーキー特集「女子バスケットボール部」

2部優勝を目標に、"同女らしさ"を全面に押し出して試合に勝ちに行く女子バスケットボール部。すでに試合に出場し、1年生らしからぬ活躍ぶりを見せるルーキー2人を紹介する。


左から松本(同女・現代社会1)、石坂(同女・学芸1)



1人目は、石坂はな。決まったポジションはなく、どのポジションにも対応できるポテンシャルの高い選手だ。"クールだけどいつもニコニコしていて、とても謙虚"な石坂は、ここぞという時に決める3Pシュートで会場を沸かし、ドライブとテクニックで魅せる。「一戦でも多く勝ちたいし、2部優勝を達成するために得点をとること、勝つことにこだわってどんな相手にも向かっていける選手になりたい(石坂)」。大阪薫英からきた石坂が今後どこまで伸びるのか期待だ。



試合に出場する石坂



2人目は、松本眞和。ゴール下での1on1が得意なプレーヤーであり、チームに勢いをつける頼もしいセンターだ。怪我で欠場する河合(同女・現代社会3)の代わりに試合に出場する。普段は気配りができ、自ら率先して仲間を引っ張るという松本は、コート外でも一目置かれる。「自分は技術がないし、背がちっちゃいほうだ」と自負しつつ、リバウンドや2Pシュートなど小さいプレーをコツコツ積み上げることでチームを支える。「今怪我されてる先輩の代わりが務められるようになりたいし、その先輩を越せるようにそれを目指して頑張りたい(松本)」。走れるセンターになれるよう、日々躍進を続ける。

 


センター松本のパワープレー


新たな力のある仲間を迎え入れ、2部優勝という目標に拍車がかかった。先輩・同期に慕われ、仲の良いチームの中でのびのびと成長していくルーキー2人の今後の活躍に期待だ。(藤城 明子)




〇プロフィール


 

◯石坂はな

同女・学芸1年

大阪薫英女学院

166㌢


 

 

◯松本眞和

同女・現代社会1年

高松第一高校

173㌢

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について