同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第68回関西学生アイスホッ...
第68回関西学生アイスホッ...
壁越えられず
課題が明確に
夏季結果号
'21ルーキー特...
'21ルーキー特...
「己の選んだ道を信じて挑戦...
'21 同立戦特集号
小栗成男氏が聖火を繋ぎました!
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2021年10月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
'18ルーキー特集 : フィギュアスケート部
'18ルーキー特集「フィギュアスケート部」


昨季輝かしい成績を残した同志社フィギュアスケート部に、今年も有望なルーキーが仲間入りした。吉川美紅(商1)と辻村岳也(径1)だ。



吉川(左)と辻村(右)



吉川がフィギュアスケートに出会ったのは小学3年生のころ。母親がスケート教室に応募し、その抽選に偶然当たったのがきっかけだった。競技として本格的に取り組むようになったのは、小学5年生になってからだ。ほかの女子選手と比べると遅いスタートだった。「すぐにやめるやろう」。最初はそう思っていた。



思いとは裏腹に、吉川はどんどんと力をつけてここまでフィギュアスケートを続けてきた。けれども高校2年生の冬、一度競技から離れることになる。もともと一般受験で大学に進学する予定で、学業を優先するためだった。その後同志社から推薦をもらい、「また(フィギュアスケートを)頑張ろう」と再スタートを切った。



辻村は貴重な男子部員の1人だ。6級を所持しており、新入生ながら部では経験者として教える立場だ。現在は主将・時國隼輔(商3)と同じコーチを師事し、ともに練習している。同志社フィギュアスケート部は「男子の層が厚い。(上回生から)学ぶことも多い」。



吉川は現在、1年単位でジャンプの癖を直している途中だ。3-3のコンビネーションジャンプにも挑戦し、シニアでの戦いを見据える。辻村もジャンプに力を入れており、5種類の3回転ジャンプの習得を目指しているところだ。まだまだ発展途上の2人。今季の活躍に要注目だ。(名倉幸)



【プロフィール】

吉川美紅(きっかわ・みく)

155㌢。

京都外大西高等学校出身。

7級所持。

趣味はカフェ巡り。バレエの経験がある。


辻村岳也(つじむら・たかや)

171㌢/61㌔

県立三田祥雲館高等学校出身。

6級所持。

趣味はYouTube。今季の目標はインカレB級で優勝すること。

【'18ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について