同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
勝負強さ見せた縄田、全国5位入賞
気迫の演武で頂点へ
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
同志社戦士と日本一指揮官 : 硬式野球部
選手コメント

選手コメント

福島孝輔投手

西谷監督の教えで印象に残っていることは――

全てだと思います。今僕が野球をやっているときの知識、モチベーション全てが桐蔭の教えなので。


「考えて行動する」もその一つだと――

そうですね。高校時代から、大学入ったら自分らでやらないとって言われていたので、すんなり大学に順応できました。


高校時代得たもので今生きていることは他に――

やってきたっていう、「自分はあそこ(大阪桐蔭)でやっていた」という誇りは常に持っています。だから負けるわけないとか、あれ以上しんどいことはないと考えられるようになりました。


特に過酷だったことは――

寮生活だったので時間も決められていますし、掃除だったり今はないこともしたり、先輩に気を遣う時間も多くて気を休められる時間が少なかったです。


主将を務める福島①、高校時代の厳しい経験が大学でのキャリアにつながっている。


 松井孝太郎投手

高校時代は――

1年の秋から先発で投げさせてもらえるようになったものの波乱万丈でした。大阪大会の4回戦で履正社に負け悔しかったです。コントロールの甘さに不安を感じ、気にしすぎるようになり、思うようなプレーができなくなりました。2年では先輩たちが優勝を果たすも、自身は投げられず悩みました。そこからグラウンドに行くのも嫌になりまさにどん底。転機は、2年の秋、副キャプテンに就任し、ピッチャーとしても成長するため、全てを一からやり直し、再スタートをきるようにコーチと相談しました。西谷監督に「リーダーの力でチームは変わる」と言ってもらい、キャプテン、副キャプテン3人で同じ部屋でチームについて語る日々が続きました。チームのことも自身のことも考えないといけない立場になり、悩むも人間的に成長したと思います。試合に出る人の気持ちも出れない人の気持ちも自身がどちらも経験したからこそ、理解できる人間になりました。2年の冬には調子が戻り、3年で先発に戻りました。最後の甲子園は、敦賀気比に負けたものの高校時代は常に考えて行動し、成長したと思います。


 西谷監督について――

1番は野球ノート。今でも野球ノートを見返すと西谷監督を思い出します。練習前に野球人の言葉や野村克也さんの本などあらゆる人の名言などが載ったプリントを配ってくださって、それを読んでから練習するのと読まずに練習するのとでは全然プレーの質が違いました。監督によく言われた言葉、「考える力をつければ野球も変わってくる。」「男やからいつかは家族を持たなあかん、それを考えていきろ。」


栗林佑磨(スポ2)捕手

高校時代は――

毎日提出という形で野球ノートを書いていて、毎回じゃないけど一人一人に直筆でコメントを書いてくれて、今の自分に求められていることとかたまに質問形式で(例、今のチームをよくするためにはどうするべきか)コミュニケーションをとってくれました。監督が考えてることが少し伝わってきました。僕らなんかよりはるか上のレベルをみていて求めているものが高いので、自分たちはついていくのに必死でしたね。練習は実践が多かったです。エンドランなりスクイズなり毎日やって、練習から自信をつけて試合につなげる。練習と試合をいかに近づけるか。「練習の練習にならないように」と言われていて、実際それだけ緊張感をもってやっていました。僕たちが抜けているときはわざと監督が怒って引き締めるというか、一球失敗したら負けるっていう緊張感をもってやるようにしていました。あとは自分たちで考えて行動していて、個人で動くメニューだったり、各人のメニューで抜こうと思えば抜けるなかで、自分のやらなあかんことをやるっていうことをしていました。大学行ったときに人数が増えて、高校で培ってきた自分でやらなっていう意識が生かされたと思います。野球の基本から応用まで教えてもらいました。ノーアウトランナーなしから、ツーアウトランナー満塁までの21か24ケースあって、それを全部自分たちのミーティングで注意しないといけないことを、確か紙に書き出してやっていました。いろんな状況でどう判断するかを自分たちで考えてから、それを監督がみて教えてくれました。桐蔭はよく打つっていうイメージがあると思うんですけど、守備からのリズムなので、どれだけ打ってもそれだけ取られたら意味がないので。


西谷監督とのエピソード――

レギュラーだったけど実際自分よりうまいキャッチャーはいました。だけどその人がサードに代わって僕が行くしかないという状況になったんです。「いいキャッチャーがいるところが強いチーム」って言われてて、僕はそこまでいい結果を残せず、期待に応えられなかったんですけどずっと使てくれたんで、そのことをずっと覚えています。ノートにも書かれていました。


同志社を選んだ理由――

関東で野球だけで勝負っていうわけにもいけないなと思ってて、同志社といえば野球も強いですし先輩も各学年1、2人以上いるし、それだけいかれているってことはいいとこなんだろうなと思って選びました。


【同志社戦士と日本一指揮官バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について