同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
武庫川女大に粘り勝ち!3-...
悔い残る5位
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
'18秋の展望 : 準硬式野球部
’18秋の展望「準硬式野球部」

投打かみ合った野球が待たれる


今季から佐藤唯を主将に置いた新チームとなった。投打かみ合った野球がうまくできていない。リズムの良い全員野球を作り上げることが1番の課題だ。前チームは4年生主体のチームであり、エースの富永(法4)・内藤(商4)が抜けた今季、新たな顔ぶれの投手陣がどれだけ活躍できるかも勝利に大きく関わる。


一塁につき、指示を出す佐藤唯(スポ3)


秋季リーグ3戦を終えて1勝2敗と波に乗り切れていない。第1節対関大1回戦ではコールド負けを喫した。投手陣が踏ん張り切れず大量得点を許したのが敗因だ。昨季までに経験が少なかったことも影響している。最上級生となった加藤佑や石野(スポ3)、高野(社3)に加え、戸澤(スポ2)や西田(経2)の2年生らがマウンドに立つ。登板機会を増やせる継投策で経験を積み、それぞれの武器で相手打線をほんろうしたい。


先発としての活躍に期待される加藤佑(スポ3)


DH制のおかげで、昨季に増して得点力の高い打線が組めるようになった。関大戦で初スタメンを勝ち取り、前戦からリードオフマンを務める大塚(商3)の出塁できっかけを作れるか。佐藤大と小松(社2)の二遊間コンビは打線に勢いを生む。中軸には大型スラッガーの佐藤唯が座わり、チャンスを確実にものにする。上位から下位まで相手に恐怖を与え続けることは間違いない。相手の隙を見つければ即座に打ちのめすことで勝利を呼び込む。


1年時から出場をつづける佐藤大(社2)。今季も持ち前の打撃力で同志社を勝利に導く


主将・佐藤唯は「組織としての改革が必要だと思う」と語った。毎年変わりゆくチームの状況にどう対応し、勝ち上がっていくのか。個人の能力値は非常に高い。全日本制覇のため、佐藤組は部員の意識統一を図るなど、試行錯誤を繰り返し全員野球で戦いに挑む。(安本夏望)

【'18秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について