同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
吉村ベスト8
1部昇格ならずも成長見えた
チームのために出来ること
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年12月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
'18秋の展望 : ソフトテニス部
'18秋の展望「ソフトテニス部」

小さくない変化


盛者必衰――。前・新子(スポ4)体制では関西学生ソフトテニス春・秋両リーグで無類の強さを見せた同志社ソフトテニス部だが暗雲が立ち込めつつある。

先日、行われた関西学生ソフトテニス秋季リーグで山﨑(スポ3)率いる新体制がスタート。新体制の門出を良い結果で迎えたかったが、初戦の天理大戦に接戦の末敗北。2日目も嫌な流れを断ち切れず2連敗。結果、2勝3敗の4位に終わった。

敗戦に肩を落とす選手たち

前体制に比べ戦力の低下は選手たちも自覚していた。世代別日本代表の上岡(スポ1)を擁しているが絶対的なペアがいない現状である。ペア作りについて山﨑は「監督、コーチと話し合ったがまだ手探り。」と完成度の低さを露呈してしまった。

チームの課題は山のようにあるが、新たな芽も顔を出しつつある。後藤(経2)、及川(スポ1)、鏡味(生命1)は今大会で一回り成長した3人だ。1年生の台頭はチームに新たな競争を生むはずだ。

期待のかかる鏡味(生命1)と林(商1)

新たな主将の山﨑(スポ3)

来月に控える関西6大学選手権。ここで王者の貫禄を見せつけることができるのか、山﨑体制の未来を占う戦いの火蓋が切って落とされる。(久保孝太)

【'18秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について