同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
'18秋の展望 : ボードセイリング部
'18秋の展望「ボードセーリング部」

インカレの舞台で躍進誓う


今シーズンも半ばを過ぎ、同志社ボードセーリング部は正念場を迎えようとしている。

全日本学生ボードセーリング選手権が11月6日に幕をあける。予選を勝ち抜いたセイラーたちが日本一の称号をかけて挑む今大会に同志社からは10名の選手が出場。今回は中でも注目の4年生セイラーを2名紹介する。


入賞を狙う久保


1人目は昨年度副将の久保(経4)だ。初めて臨んだ昨年度のインカレは41位という結果に終わった。この悔しさを晴らすため、今年度も現役続行を決意。9月に行われた関西支部予選では8位で惜しくも入賞とはならなかったものの、「スタートがうまく切れなかったレースでも、きちんと(フィニッシュ時には)上位層まで持ってこれたといういい面もあった」というように久保の艇速は以前にも増して早くなっていた。艇速の速さを武器に目標であるインカレの入賞を狙う。


インカレ初出場となる有働


2人目は先日行われたハロウィンカップではエキスパートクラスで3位と好成績を残し、インカレ出場に向け着々とコンディションを上げている有働(経4)だ。昨年は関西支部予選でまさかの予選落ちを喫し、苦杯をなめた。だが、この苦しい経験が有働を成長させた。「インカレに出てれなかったので、その分練習した」。インカレ個人戦後に行われた関西選手権第三戦では6位で個人入賞を果たし、団体の部では準優勝にも貢献した。3月に行われたインカレでは団体戦メンバーに選ばれるなどその成長は著しい。有働にとって最初で最後のインカレ個人戦。この1年間の努力の成果を開催地である沖縄の海で見せて欲しい。(岡本真子)

【'18秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について