同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第91回日本学生氷上競技選...
第91回日本学生氷上競技選...
借り返せず天理大に敗北[J...
念願叶わず、初戦敗退
'18秋の展望「...
'18秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年11月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
'18秋の展望 : ボウリング部
'18秋の展望「ボウリング部」

結束力


「チーム全体の実力は上がっている」主将・福田は自身に満ちた表情で答えた。

福田がこう答えるのには理由があった。

主将を務める福田

新チームが始動した春、チームは方向性を見失いかけていた。「部がバラバラになっている感覚があった」(福田)ボウリングは基本的には個人で行うスポーツ。部としてまとめ上げるのは至難の技だった。
この状況を改善するため福田は部員一人一人を食事に誘い部員との意思疎通を図った。「ボウリング部は自分の考えを公に伝えるのが苦手な人が多い。だから一人一人と話すことで部員の考えていることがわかった」こうした福田の働きによりバラバラになりかけていたボウリング部は結束力を高めていった。
その結束力は技術向上にも影響を及ぼした。部員同士、互いの弱点や強みを真正面から指摘し合うことで切磋琢磨しやすい環境が出来上がったのだ。

見据えるのはリーグ制覇

そんなボウリング部の目標はリーグ制覇。最後に同志社ボウリング部が優勝したのは昭和62年(当局調べ)のこと。「平成最初で最後の優勝を成し遂げたい」(福田)意気込みは十分だ。福田を中心に結束力を高めたボウリング部の秋が始まる。(藤田友樹)


【'18秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について