同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
6月のWEB企画 : 合気道部
ルール紹介「合気道」

第25回

ルール紹介「合気道」

<企画概要は第0回をご覧ください>

 

 

合気道には把握しきれないほど数々の流派があり、技も無数にあります。ただ、一貫していえることは、相手の力を利用して相手を倒す、つまり返し技を行うということです。

 

しかし、合気道は種目の性質上競技という形をとりません。もちろん試合そのものも一部の流派を除いては存在しないため、ルールはないのです。
と、これで終わってもいけないので、今回は合気道の基本的な技を4つ説明します。

 


小手返しは合気道の代表的な技として知られています。相手の攻撃を裁くと同時に手首を取って関節を極め、外側に反しながら腰の振りと回転力を使って投げます。投げた後は相手をうつぶせにしてさらに関節を極めるという流れです。

 


一教とは、一般に手首の極め方を指します。流派によっては一カ条とも言います。二教も三教も四教もありますが、共通しているのは相手の腕を返して手首と肘、肩を極めて倒すということです。関節技に分類されます。

 


入り身投げはこれも合気道の中で代表的な技で、相手の側面から斜め後ろに回り込んで状態を反らし、回転力を活かして投げます。結構派手です。演武大会でもよく行われます。

 


四方投げは相手の腕を取り、手首を反らして後ろに一回転します。そして相手を後ろへ反らしたまま投げるという技です。四方八方どこでも投げられるということでこのような名前がつきました。

また、先ほども言ったように技は無数です。これらはあくまで基本であって、ここから表と裏という形があったり、相手の攻め方によっても様々なバリエーションがあります。

 


とはいえ、言葉で説明や静止画で見ても技のイメージがつくのは難しいと思います。同志社大学合気道部は年に何回か演武大会を行っているので、みなさんも合気道に好奇心を持ったら是非大会に足を運んだりしてみましょう。(本誌合気道部担当)

【6月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について