同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
勝利まであと一歩届かず…
格上相手に3失点[サッカー...
北澤秀太・西村さくら・日下紗
4年生が語る主将、チームへの思い
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ヒューマンヒストリー : 自転車競技部
ヒューマンヒストリー 松井優佳「試行錯誤」

「まだまだ手探り状態です」。トラックチーム唯一の女子選手である松井優佳(スポ1)。高校時代からジュニア日本代表に選出されるなど実績は十分だが、昨年8月に行われたインカレでは思うような結果を残せなかった。


自転車競技との出会いは小学5年生の頃に始めたトライアスロンだった。中学生で自転車競技一本に絞り、高校は名門・南大隅高校(鹿児島県)に地元大阪から越境入学を決めた。強豪として名を馳せる鹿屋体大とともに合同練習も行う同部。同じ練習施設を使用し、本格的な測定を行うなど競技に打ち込む環境が整っていた。親元を離れ、厳しい練習をこなした松井。努力が実を結び、3年時にはポイントレースでインターハイ優勝を飾った。


さらに高校1年時からアジア・ジュニア自転車競技選手権大会に日本代表として出場。「1年生から入れたのは運が良かった」と話すものの、その年団体種目を含む3競技で銀メダルを獲得。世界大会にも出場を決めるなど、活躍の場を広げた。


「(高校)2年までは鹿屋(体大)に行くつもりだった」。だが一人での生活のハードさなどを考え、最終的に実家から通える大学を志望。スポーツ健康科学部のある同志社へ入学を決めた。だが同志社に女子部員はおらず、京田辺キャンパスで授業を受けるトラック競技の先輩もいない。決められた練習メニューをこなす高校との違いにも戸惑いを覚えた。男子の練習と強度の違いもあるため、平日は一人きりでの練習が続く。「自分で考えてというのは慣れない部分がある」。入学から半年以上が過ぎた今も、「思うようにはできていない」と語る。大学から競技を始める選手も多い同志社の自転車競技部。「最初から自分で考えて練習しているのは参考になる」。今までとは違ったメンバーとの交流は、松井に新たな刺激を与える。



初めてのインカレは不完全燃焼に終わった



短距離、中距離ともに成績を残すことができることが大きな強みだ。高校時代、インターハイではポイントレースやスクラッチで表彰台に上がったが、国体ではケイリンに出場。アジア選手権では500mTTで銀メダルを獲得した。大学では「短距離に絞って、持久力も活かしていきたい」と決め、スプリントや500mTTに力を入れている。


尊敬する選手に早大の小泉夢菜の名前を挙げた。一学年上の先輩とは中学時代から親交があり、アジア選手権でともに戦った仲間でもある。早大も女子戦手が少なく、小泉自身も1年次の成績は振るわなかった。「1年の頃は私と同じく手探りだったと言っていた」(松井)。だが、今年のインカレでは500mTTで優勝。スプリントでも1/8決勝で松井を破り、準優勝まで登りつめた。「2年生になってしっかり成績を残している。同じようになれたらいい」。一歩前を進む先輩の背中を追い、全国の上位を虎視眈々と狙っている。



相手と競り合う松井



「練習面は鹿屋の方が今は充実しているかもしれないけど、あっち(鹿屋体大)に行けば良かったと思いたくない」。選んだ道に後悔はしたくない。そのために、松井は日々試行錯誤を続けている。(前淵文蕗)


【ヒューマンヒストリーバックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について