同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
ミス修正へ
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
新チーム初白星!【ラクロス...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2019 : 居合道部
主将セレクション「居合道部」

居合道部主将セレクション 2019年を語る

上田之×杉浦明×髙橋

「前人未到、全日本連覇へ」

左から副将・杉浦(理工3)、主将・上田(法3)、副将・髙橋(法3)

左隣の方を紹介してくださいーー。

上田:俺から行こか(笑)。名前は杉浦鉄明、主に女子から「てっちゃん」と呼ばれてます。先輩からは可愛がられ、後輩からは慕われる愛されキャラ。意外にも負けず嫌いで真面目なところもあります。

杉浦:いいこと言うやん!


杉浦:次は俺か。名前は髙橋佑介君です。居合道部で一番のオシャレですね。

髙橋:しんどいな~。

杉浦:厳しいとこは厳しく後輩にも指導してくれるし、でも他人に気を使える優しい人です。根がまじめで練習も真剣に取り組むし、部内でも引き締め役です。


髙橋:次は次期主将の上田将之です。僕らの代の中で、おそらく男子では1番上手いかなと。二年間で誰よりも稽古を積んできて真面目に頑張ってきたのが結果として表れてるんじゃないかなと思います。西日本、全日本の両大会でメンバーにも選ばれてるし、同回生は尊敬してますね。そういう真面目なところはありつつ、普段ではぬけてる要素もある天然キャラですね。

杉浦:あとは大食いキャラやね。

髙橋:めちゃめちゃね。(笑)

杉浦:おかわりは絶対しないと気が済まない。

上田:合宿とか絶対ご飯3回はおかわりする。


なぜ自分が主将、副将になったのかーー。

上田:役職は基本的に一個上の人たちが話し合って僕らに発表する形ですね。希望性とかではなくて任命されますね。

杉浦:自分がなぜなったのかとか先輩に聞いたことないな。

髙橋:でもだいたい上田が主将だろうってのは分かっていた。

杉浦:副将もだいたいね。

髙橋:上田は最初は天然要素が強かったんですけど、だんだんリーダーシップを発揮しだして皆をまとめたりとか来年、こういうことをしたいとかを言うようになってきた。皆がついていこうと思うような存在になっていったかな。


昨シーズンのチームを振り返ってーー。

上田:道場の中では大きな声を出して、部室とかでは違った雰囲気でしたね。

髙橋:今年はメリハリの要素が強かったね。道場ではもちろん厳しくいなきゃダメだったけど、外は楽しくていいんじゃないかというメリハリをしっかりしてきた印象ですね。

上田:練習でも終わりや始めはピシッとするけど、自分たちで考える練習メニューは積極的にコミュニケーションをとるようにしてますね。分からないことがあれば先輩に聞くとかを自発的にやってきました。


個人を振り返ってーー。

上田:居合道って大学から始めた人が多くて普段の個人戦ではちょっと頑張ったらいい成績が取れて、その中でも頑張ったら優勝とかもそんなに難しいことではないんです。けど僕はずっと3位止まりで、決勝はなかなか行けなくて。全部の大会絶対優勝するぞと挑んでも準決勝で負けていたので、悔いの残るシーズンでしたね。

杉浦:僕は去年の夏あたりからスイッチが入りだして、それまでは部活と遊びの半々っていう感じだったんですけど夏から変わりだして。なんでスイッチはいったんだろう?

上田:きっかけは?

杉浦:なんかいつのまに(笑)。そこから居合に積極的になり始めて、居合の面白さに気づいてきたかな。自分の中では成長できた年かなと思います。

髙橋:別にさぼっていたわけではないんですけど、この2人に比べれば物足りなかったかなと。それは練習時間とかのわかりやすい尺度でもそうですし、居合道に向き合う姿勢とか自主練等の自分に対する時間とかで差が開いたかなと思います。上田が勝つのは簡単と言っていたんですけど、僕は入賞から遠ざかってますし、二回戦で負けることも多かったので副将としては物足りないです。


日々の稽古についてーー。

上田:京田辺が本部なんですけど、居合道部専用の道場があって朝の9時から夜の9時まで使えます。全体練習が京田辺だったら17時から19時まで。今出川だったら曜日によって変わるんですけどだいたい2時間です。

杉浦:練習メニューの始めは基礎稽古から。

上田:素振りとか決められた技が12本あるんですけど、それを皆で抜いたり。その後は回生ごとに別れての指導とかになります。だいたい1年間で達成する目標が決められて、それに向けて毎週、週目標を決めてそれを達成する稽古をやっています。


居合道の魅力とはーー。

杉浦:俺は大学から皆が始めるゼロからのスタートっていうところに惹かれて入りましたね。

髙橋:中高で剣道をしていて大学で居合をやるっていうはいますね。けどその二つはほぼ違うものなので、あんまり関係ないですね。

杉浦:僕はサッカーをしてました。

上田:運動経験ない人が入ったりもしますね。

髙橋:高校の時、囲碁部だった奴が今強かったり。

上田:今の4回生だったら高校の時、茶道部だったけど全日本で3位とったりもして。

髙橋:本人の努力量で変わってくるとこが面白いですね。スタートラインは皆一緒だし。


最期に来シーズンに向けての意気込み・目標をーー。

上田:3回生になって全日本の個人戦の部に出られるようになったので、まずは出場条件である西日本でベスト8以上になって全日本に出て優勝したいと思います。全国で優勝して日本で最強の学生になりたいです。

杉浦:一回もメンバーに入ったことがないんで、メンバーに入って団体戦で勝ちたいっていうのが目標です。あとは副将の名前に負けないように皆をまとめたいなと思います。

髙橋:僕もこの2年間メンバー入りにかすりもしなかったんですけど、憧れもあってまだあきらめたくないので頑張りたいと思います。諦めたら終わりなんで気持ちだけはきらさずに行きたいと思います。


昨12月、念願の日本一に返り咲いた同志社居合道部。次の目標は未だ達成されてない全日本連覇だ。王者としての1年が始まった。(聞き手・上辻創太)


〇プロフィール


上田将之(法学部3年/176㎝/66㎏/光泉高等学校)

居合道部一の実力者。その背中でチームを引っ張る。

杉浦鉄明(理工学部3年/176㎝/69㎏/浜松西高等学校)

持ち前の笑顔と明るい性格で部を牽引。

髙橋佑介(167㎝/58.5㎏/同志社国際高等学校)

昨年の悔しさを胸に、今シーズンの大きな飛躍に期待。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について