同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
リベンジ誓う
リーグ初戦、快勝!
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
主将セレクション2019 : ラクロス部
主将セレクション「ラクロス部男子」

男子ラクロス部主将セレクション2019年を語る

加山海×小栗典×香月

「強い同志社」



左から香月亮人(新政策2)、主将・加山広海(新経4)、小栗大典(新法3)



ーなぜこのメンバーを選ばれましたか?


加山:ーー。考えてなかった(笑)

一同:(笑)

加山:2年前の、僕が1年生の時もこの取材を受けてて、(当時の主将が)同じ質問されてたなって今思いました。懐かしい。まずは下の学年の方がチームの皆が知りたいことも知れるし、この記事を見た人もラクロス部の素の姿を知りやすいと思いました。新歓も近いのでチームの素を見せたいと思って、下の学年を呼びました。それから香月に関しては、グラウンドの中では喋るけど、下の学年のリーダーの中では静かな方だなと思ってこの2人にしました(笑)


ーこれを聞いてお二人はどういう気持ちですか?


香月:僕も広海さんとはあんまり喋らない(笑)

一同:(笑)

香月:なので、こういう機会ができてすごく嬉しいです。

小栗:僕は広海さんと最近すごく喋るようになって、すごくプライベートなことも話させてもらったりしてるんですけど、もっといっぱい知れたらいいなと思いました。それから、やっぱり後輩がいるのはすごく良いことだと思ってて、後輩から俺はどう見られているのか、後輩がチームに対してどう考えているのか知れる良い機会だなと思いました。


ー加山主将に対してどのような印象を持っていますか?


小栗:嫌われる勇気がすごいある(笑)

一同:(笑)

小栗:だって、普通雨判断とかさ、あれちゃう?皆オフって言ってるのにさ、広海さんだけゴーって言う(笑)

一同:(笑)

小栗:この人凄いなって(笑)

加山:なるほどね(笑)

香月:広海さんはたまに怖い印象がある。

一同:(笑)


ーどんな時に怖いですか?


香月:やっぱりプレー中とか。それだけラクロスに本気っていうのが表れていると思うんですけど、後輩の中では「広海さんの前ではミスったらあかん。」って言われてます(笑)

一同:(笑)

小栗:僕の学年でもちょっとなってます(笑)


ーでは小栗さんに対してはどうですか?


加山:多分チームの皆感じているけど、真っ直ぐな人間やなっていうのはあります。すごく思います。ミーティングの発言とかでも、良い意味で自分の感性でパッと言えるというか、思っていることを出せるのは、自分がミーティングを進める側なのでハッと気づかされる部分もありました。それに真っ直ぐな人間だからそれがグラウンドでも出てるなって思います。手を抜かない所とか。そこが彼の一番の魅力ですね。しんどい所とか、皆がキツい所とかで「頑張れ」とか。81キロやけど(笑)

一同:(笑)

香月:ほんまにすごい。

加山:よな。かっこいいと思います。

香月:小栗さんはほんまに良い人や。

一同:(笑)

小栗:良く言ってくれるな、ほんまに(笑)

香月:心の底から思っていて、部員全員。後輩も含めて喋りやすい存在で、いるだけですごく良い影響を与えてくれる。

小栗:めっちゃ褒めてくれるやん。

加山:いいね。

小栗:怖がられてない?俺。

香月:いや、怖がられてないですよ。

小栗:良かった。

一同:(笑)

加山:怖いとはちょっと違うよな。怒ることあるかもしれへんけど。真っ直ぐさが伝わってるからかもしれん。


ー最後に、香月さんに対してはどうですか?


加山:香月っち?俺、小栗に聞くまで知らんかってんけど。別れたこと。

一同:(笑)

香月:ここで言うの?(笑)

加山:前、リーダーシップセミナーみたいなのがあって、それに小栗と一緒に行ってて、その帰り道か何かで。(小栗が)「香月と一緒にご飯に行ったんですけど、別れたっす」って。

一同:(笑)

香月:嘘やろ

加山:そういうのを一切出さずに活躍しまくってるので、期待の新人です。技術的に上手いから引っ張っていけるし。

小栗:たまに出る英語かっこ良くないですか?

加山:あー!かっこいい。

小栗:日本語より英語の方が得意なんですよ。

一同:(笑)

加山:普通、英語を聞いて頭の中で日本語に切り替えるじゃないですか、僕らは。彼は多分、日本語を聞いてそれを頭で英語に切り替えています。

一同:(笑)

小栗:独り言とか英語なんですよ。

一同:(笑)

小栗:oh!なんちゃらみたいな(笑)ボソって。言うよな?

香月:違います違います(笑)

小栗:言ってるよな?たまに。


ーそれは本当にすごいです。各学年のイメージとかどうですか?


小栗:最高学年はストイックな色が例年と比べて強いかなと思います。上に立つ人間は真面目な人が多いから。(香月に)どう?その辺りは。

香月:いや、ほんまに(笑)熱い熱い。

小栗:すごく熱いと思いますよ(笑)結構ストイックな幹部陣やんな、今年って。プライベートとかでもラクロスの話(笑)

一同;(笑)

小栗:飲みの席でミーティング始まりますから(笑)香月、思い当たる節あるんちゃうん?

香月:ラクロスに対しては全員思いが強いなって。引っ張る人とかは特に強いって思うんですけど、全体的に皆がしっかり考えてるなっていうのは、ミーティングとか通して伝わってきて。先輩達のおかげで、(自分達の代になって)一部で戦っていこうっていう高いモチベーションを持って毎日プレーできています。


1年生で個人的に気になる選手はいますか?


加山:いっぱいいるけど

小栗:上手い選手が多いですよね。面白い選手が多くないですか?

加山:1年生は本当にそうですね。(香月に)逆に自分の学年の色みたいなのってどう感じてる?一年経ったけど。

香月:うーん。

一同:(沈黙)

加山:(小栗に)でもウィンターの団結力みたいなものは感じたよな。感じなかった?見てて。

小栗:あー。というか周りを魅了させてくれるラクロスがあるなと。

加山:そやねん。そやねんそやねん。それめっちゃ言いたかってん、俺。今日ここで。

一同:(笑)

小栗:関学戦やっけ?あのサドンデスの。めっちゃ好き、ああいうの。応援してる方もさ、自分達がプレーしてるみたいにのめり込んじゃってた(笑)「行け!行け!」みたいなのめっちゃ好きやねん、俺。

加山:そう。俺らのウィンターのビデオ見ても、1年生とかやったらさ「よっしゃあ」みたいなの映ってるやん。ああいうのが俺らの時にはなかったし。これはチーム全体が良くなっているのもあるし、1年生がここまで頑張ってきて皆がチームを上の学年まで巻き込んだ表れやなって思った。ビデオ見て。俺らは優勝したけど、あそこまで周りを巻き込むパワーはなかったし、ワンシーン皆で共有してたやん?あの時。そういうのがめっちゃ良いなって思った。だから学年が上がってチーム作っていく上でもそういうのを目指して欲しいな。

香月:めちゃめちゃ嬉しいです(笑)


ー私もウィンターの撮影してる時、すごく試合に入り込んでたのを思い出しました(笑)


小栗:ですよね。部内以外でこれだけ巻き込めるって良いよね。

加山:体現できてるね。良いよ、1年生。


ーでは、次に2年生についてはどうですか?


小栗:2年生はめっちゃ仲が良いんですよ。しかも温かい奴が多いんですよね。人柄的にも。多くない?

香月:確かに、接しやすい。

小栗:それでめっちゃ怒られたことがあるんですけど(笑)うちの学年って1人で点を取れる人がいないんですよ。例えば、新4年生だったら近藤さんだったり、淺中さんであったり、広海さんだったり。1人でチームの流れを変えられる選手ってどの学年でも基本的にいると思うんですけど、僕達の学年にはいなくて。いない中でこの学年で勝とうってなった時にチームで崩していかないとダメだっていう話になって。それでコミニュケーションであったり信頼関係っていうのは仲が良い分、取りやすいし。それが2年生の持ち味ですかね(笑)

加山:そやな。温厚や。どう?下の学年から見て2年生は。

香月:見ててすごく良いなって思います。1年にも積極的に話しかけたりしてくれて。学年内であんなに仲良くなれたら、一生の友達みたいな(笑)そんな風になれてる気がします。

加山:ほんまにそうやと思う(笑)


ー最後に、3年生はどうですか?


小栗:変わった人の集まりちゃいますか?(笑)

一同:(笑)

加山:そやな。

香月:確かに。ちょっと変やなぁって思う人が集まってます(笑)個性豊かな。

小栗:でも、良い味出してるよな。我が強すぎて(笑)

一同:(笑)

加山:なるほどね。でもそれは感じるわ(笑)

小栗:でもさ、我が強い人達が集まった時のチームの団結力の強さっていうのは良いもん出そうじゃない?

香月:上手い感じにまとめられてるって思います。

小栗:他人に対して強く言える選手が多いよな。

香月:ガツガツ。強気みたいな。

一同:(笑)

加山:勢いあるよな。何事も。

小栗:3年生にはない。ちょっと分けて欲しいぐらいです(笑)


ー今、各学年でカラーが違うと伺って思ったのですが、今年のチームの雰囲気と昨年のチームの雰囲気の違いってやっぱりありますか?


加山:どうやろう。新チーム始まってまだそんなに経っていないからな。


ー昨年こうだったから、今年こうしたいっていうのはありますか?


小栗:2年前不祥事があったじゃないですか。それで去年は全くリーグ戦に出ない時期で、他の大学にも結果を示さないといけないってなった時に、Bリーグでベスト4を残せたのはすごく良かったと思います。何よりラクロスの楽しさにすごく気づけた1年だったと思っていて。去年のコーチの方が3人いたんですけど、そのコーチ達がBチームの初めての練習で言った言葉がすごく心に残っていて。「ラクロスを楽しむチームにしよう」って。やっぱりラクロスを楽しむチームになるためには、自分が上手くないと楽しくないですし、そのために皆が自主練するようなチームが出来てたっていうか。楽しむために自主練しようみたいな。そういう雰囲気ができてたんで今年もこれも継続できたらなってすごく思いました。

加山:いいね。

香月:僕からの視点なんですけど、すごく上の学年が自主練を引っ張ってくれるっていうか。去年もやってくれてたんですけど、去年以上に、自主練に誘ってくれたり、先輩が自主練をする姿を見せてくれて。それに僕達もつられて一緒に自主練をするっていう。チームとして良くなっている気がします。


ー最後に、今年の目標について伺いたいです。


加山:今年はチームとして、「1部全勝、3部圧勝」を掲げています。関西の強豪校に勝つことで「強い同志社」をこれから示すことが今後のチームに繋がるし、3部リーグでも圧勝して勝つことが、今年の僕らの使命というか。これから部の歴史が続いていく中で、3部を経験した僕達が「強い同志社」を示さないといけないと思います。目に見える目標はそれですね。後は、待ち焦がれたリーグ戦の舞台に帰ってこれるので、見てる人皆を巻き込むようなラクロスがしたいですね。ラクロスを初めて見た人が「ラクロスって本当に面白い」とか、他の大学の人が「同志社ってめっちゃ良いラクロスするやん」とか感じてもらえるようなチームの雰囲気や試合展開を意識したいです。何か個人目標ある?今年の。

香月:そうですね。ウィンター終わってから僕が掲げてる目標なんですけど、本人いる前でちょっと恥ずかしいんですけど(笑)今のMFリーダーの近藤さんと広海さんがすごく上手いって自分の中で感じていて。それでその2人を足して2で割ったみたいな選手になりたいと思って。ビデオとか見てます、2人の(笑)

後はラクロスを通して、人間として成長していきたいと思います。

小栗:俺はチームで1番熱い存在になりたいと思います。ラクロスに対する姿勢であったり。周りに影響を与えることのできる立場にいるので、それを生かしてチームに良い影響を与えられる選手になりたいと思います。後は、今年1番大事にしたいと思うのが、広海さんが「強い同志社」を継続させるのをずっとミーティングとかでも言ってはって。それも縦の関係があってこそかなと思います。広海さんや先輩達の考え方を、僕達の代や下の代にも浸透させることで「強い同志社」を続けていけると思うので、密にコミニュケーションを取りながらやっていけたらいいなと思います。


待ち焦がれたリーグ戦の舞台に帰ってこれるーー。噛み締めながら放ったその言葉には重みがあった。2年という期間は口にすると短い。しかし、彼らにとっては果てしなく長く険しい道のりだったに違いない。今こそ、同志社の強さを証明する時が来た。「1部全勝、3部圧勝」という大きな目標を掲げ、前へと突き進む。(聞き手 小野真央)

○プロフィール

加山 広海(かやま ひろみ)

(経済学部新4年/175㌢ 70㌔/兵庫県立御影高校出身)

ポジションはMF(ミッドフィルダー)。今年度主将を務める。高校時代はサッカー部だった。

小栗大典(おぐり だいすけ)

(法学部新3年/173㌢ 81㌔/私立同志社高等学校出身)

ポジションはG(ゴーリー)。新3年生の回生リーダーを務める。高校時代はラグビー部だった。

香月亮人(かつき りょうと)

(政策学部新2年/166㌢ 63㌔/同志社国際高等学校出身)

ポジションはMF。新2年生の回生リーダーを務める。高校時代はバスケットボール部だった。

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について