同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
遠的女子個人で向下が全国優勝!!
リベンジ誓う
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
主将セレクション2019 : ソフトボール部
主将セレクション「ソフトボール部女子」

ソフトボール部女子主将セレクション 2019年を語る

石川悠×吉岡海×野表

「強いだけでなく誇れるチームに」

左から野表、石川、吉岡


ーーまずは石川選手について他己紹介をお願いします


吉岡「くそ真面目(笑)」


野表「意外とくそまじめに答えた(笑)。小5男子とか言うと思った。」


ーー例えばどんなところが


吉岡「私生活はダラダラなんですよ。ソフトに関しては『え、そんなに?』というほど真面目。私生活は私が世話しています。」


石川「いやされてないされてない。よう言うわ。」


ーーではどんなところが小5男子ですか


野表「単純。試合中とか練習中はくそ真面目だけど、意外といじったら嬉しがる。」


石川「違う!」


野表「いじったらちょっと喜ぶみたいな。ギャップがある。」


吉岡「ギャップ萌えする。めっちゃかわいいんですよ。まじキュンキュンする。」


石川「小5男子って……。」


野表「小4の方がいいです。小4で!」


石川「野球小僧とかよく言われる。」


野表「少年感がある。半袖短パン似合うよみたいな。」



――では野表選手についてお願いします


吉岡「優しすぎる。『すぎる』がつくぐらい優しい。」


石川「なんだろ。」


野表「出てこない。」


吉岡「いいとこないんだって。」


野表「そんなもんか。」


石川「冷静沈着。自分と真逆のタイプですね。あまり感情的にならない。物事を冷静に、多様な視点から…ESみたいになってきた(笑)」



――では吉岡選手について


石川「ごはんがおいしい。」


吉岡「そっち?ここで女子力アピールしとこ」


ーーこれが一番という料理は

吉岡「最近のやつベストやろ。」


石川「煮込みハンバーグ!」


野表「載るの?これ」


ーー載せます(笑)


野表「あとはコミュ力ですね。」


吉岡「そっちかー。プレー面で褒めてほしかった。」


野表「コミュニケーション能力が高いです。新しく入る高校生ももう手下につけてるんで。」



ーーチーム全体で共有している目標は


石川「インカレにふさわしいチームになることを目指しています。」


ーーそれに向けて取り組んでいることは


石川「インカレにふさわしいチームっていうとそれぞれ考え方も違うし、どういうチームがインカレにふさわしいかっていうのはすごく抽象的だと思う。でも答えがない中でそれを見つけていくのが今のチームかなと思う。正直何が正しくて何が間違っているのか分からないけれど、自分たちの中でインカレにふさわしいチーム、行動というものを答えがない中でも追い求めていけたらいいと思っています。」



ーーチーム内での自分の役割は


野表「最初に幹部に選んでもらったときに、自分だけ年下だった。その分下の子とも話せるし、幹部の意見も下に伝えられるので橋渡しの役割で選んでもらった。みんなの意見を聞いて『これは上に伝えよう』とか、『ここはみんな勘違いしている、幹部の意見はこうだよ』というのを伝えてチームとしてまとめられるように。まとめるのを手伝う役割かなと思っています。」


吉岡「一番はキャプテンのサポートかなと思っています。締めるところは締めるとか、プレーでも引っ張っていきたいなと思っています。」


石川「キャプテンはチームの鑑だと思うので、それにふさわしい行動をとる。あとは勝敗とかチームで起こる全てのことが最終的に自分の責任になると思ってやっています。良くも悪くも自分の責任になると。あとはみんな楽しく元気にやるのが同志社のスタイルなので、みんなに自由にやってもらっているんですけど、その中でもやっぱり自分はキャプテンとして締めるところは締め、言わないといけないことは言わないとなと思っています。」



ーー春季リーグでの個人の目標は


野表「やっぱりバッティングですね。波があって、ダメなときはとことんダメってなっちゃいがち。いつでも良い打球を打てるようにどんどん積極的に振りにいけたらいいなと。とにかく振ることを意識して頑張りたいなと思います。」


吉岡「盗塁阻止!ゼロ!決められないようにすることと、勝負強いバッティングです。」


石川「チームを勝たせることです。」



ーーチームとしての目標は


石川「インカレの出場権を取ることです。1部10チームのうち7位までは自動的に出場権獲得。8位になると2部の優勝準優勝、3部の優勝でトーナメントがある。最終的には関西8枠。何がなんでも1部の7位に残ることが今の目標。」



和気あいあいと話す3人



ーー新入生も入ってきますが


吉岡「期待大!」


石川「新入生が入ってくることによって、単純に人数的にも競争が激しくなった。チーム内での競争は正直今まであまりなかった。今は競争があるなかでもぎすぎすした関係になることはない。それは自分たちの良いところ。みんなで競いあってできているかなと思います。でも技術面も組織としてもまだまだで、インカレの出場権を取れるようなチームではないと思うので、この一か月頑張っていこうと思います。」



ーーでは今のチームの強みは


吉岡「ヤジがいいよね。」


石川「辻(経2)を筆頭に、試合も練習も『心から楽しんでやろう』という雰囲気を作ってくれているのはいいことだと思います。秋リーグまでと変わったのは、練習の中でもみんなが学年関係なく発言するようになった。プレーのことでも組織のことに関してもみんながちゃんと口にするようになったので、今すごく活気があってチームとしては良い状態。」



ーーこういうチームにしていきたいという具体的な考えは


野表「目標のさらに根本に『同志社らしく』というのがある。今まで先輩たちもずっとそう言ってきていてそれが今の雰囲気にもあると思う。みんなが意見を出してくれるし、プレーでも個々の良いところが出ているので、リーグ戦が始まってからもインカレに行っても、同志社らしさをもっと他のチームにアピールできたら楽しいなと思うのでそうしたいです。」


吉岡「追加で、やっぱりこれからインカレを目指していくなかでメリハリはほしいなと思う。楽しさのなかでも切り替えができるチームにしたいです。」


石川「誰にでも誇れるチームにしたいと思っている。それは強ければ誇れるということではないと思う。」



ーー春季リーグに向けての意気込みをお願いします


吉岡「雰囲気も大事にするなかで勝ちにこだわりたい。」


野表「他のチームに『同志社めっちゃ楽しそうじゃん?』と思われたい。」


石川「新4年生はラストシーズンで、インカレもラストチャンスなので絶対そこはものにしたい。どんな形でも絶対インカレにチームを導くということです。」



明るい雰囲気で笑いが絶えない対談だった。全力でソフトボールを楽しみながらも勝利にこだわる姿勢には、「インカレに出る」という強い決意が表れている。春季リーグではチーム一丸となってインカレ出場権を取りにいく。(聞き手:水納愛美、足立みずほ)



〇プロフィール

石川妃悠(いしかわ・ひちか/商学部4年/厚木商業高校出身)

ポジションはセカンド。今季主将を務める。確かなリーダーシップでチームを勝利に導く。


吉岡七海(よしおか・ななみ/スポーツ健康科学部4年/創志学園高校出身)

ポジションはキャッチャー。今季副将を務める。リードや盗塁阻止に加え、クリーンアップを打つなど攻守でチームに貢献する。


野表明歩(のおもて・あきほ/社会学部3年/とわの森三愛高校出身)

ポジションはファースト。今季副将を務める。高いミート力と勝負強さで打線を支える。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について