同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
遠的女子個人で向下が全国優勝!!
リベンジ誓う
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
主将セレクション2019 : ゴルフ部
主将セレクション「ゴルフ部」

ゴルフ部主将セレクション 2019年を語る

生源寺憲×高橋

「全国大会で日本一を目指して」


左から生源寺(商3)、高橋(スポ2)


他己紹介からお願いしますーー。

生源寺高橋

生源寺:「IMGからきた高橋周平君です。今とてもゴルフに対して熱くて熱意を持って練習してて、まあ最近ちょっと結果はなかなかでないですけど、まあ長い目で見てすごい今後活躍してくれるかなと思ってます。」


高橋生源寺

高橋:「いいですか?生源寺さんは作陽高校出身で、もうほんとに普段の生活からめちゃくちゃストイックでゴルフに対してはめちゃくちゃ真っ直ぐにむいている方だと思います。キャプテンになられたんですけど、結果もキャプテンらしい成績を残しているんで自分もそれにつづいて頑張って行きたいと思います。」


ゴルフ部に入ろうとしたきっかけはなんですかーー。

生源寺:「きっかけは、まあ高校のときに長田監督と、高校の監督なんですけど知り合いというか同志社の人でそのつながりもあって、僕も大学行ってゴルフしたいと思ってたのでそれで自分のやりたいこととたまたまそこに行く道があったんで、同志社大学のゴルフ部に入りました。」

高橋:「はい、自分はもともと海外にいたんでアメリカの大学に行くか、日本に帰ってくるか迷ってはいたんですけどトータル的にみて勉強とゴルフが両立できるって考えた時に一番同志社大学がいいなって思ってまして、あと練習環境もそこそこってゆったらあれですけどしっかりあるんで、あとコーチも水巻プロっていう優秀なツアープレイヤーとしても活躍している方がいるんで、同志社に決めました。」


去年のシーズンの振り返りお願いしますーー。

生源寺:「去年は春の団体戦、リーグ戦で2打足りずに全国行けなくて結構悔しい思いをして、秋のリーグ戦は3位で全国に行くことができて全国でも今のチームのレベルからしたらそこそこの成績は残せたので、すごいこう来年への期待といいますか、、とかそういう面ではすごい充実した1年だったかなと思います。」

高橋:「はい、えっとまあ、自分は去年1回生だったんで初めてののリーグ戦とかいろいろ試合だったんですけど、まあ最初春の2部リーグから始まってどういう感じなのかよくわからなかったんですけど2部リーグで優勝して1部に上がって、そこで5位でしたっけ?に入って秋で3位?ですよね?3位に入ってまあ結果なんていうんですかね、同志社も全国1位を目標にしてるんですけどしっかり目指せるレベルにはきてると感じますので今年はすごく楽しみです。」


1年の注目の選手はいますかーー。

生源寺:「彼と、高橋と田中、田中伸之輔っていう1回生が、まぁ若さもあって元気もあってすごいチームがフレッシュというかいい感じになってますね。」


オフの日はどう過ごされてますかーー。

生源寺:「オフは、うーん、まあ普段が結構朝はやくて、で夜も帰ってくるのが遅いとか、そういうのが多いので睡眠をよくとってゆっくり家で過ごすことが多いですかね、オフは。あとは美味しいもの食べに行ってリフレッシュしたり、って感じですね(笑)」

高橋:「そうっすね、自分は普段の練習の時はゴルフのことしかあんま考えてないので、なるべくオフの日は考えないようにしたいなと思っているんで友達とカラオケ行ったりだとか、あと最近ちょっと楽器にはまっているものが一つできたんで、、、」

聞き手:「楽器ですか。」

高橋:「はい(笑)」

聞き手:「なんの楽器なんですか?」

高橋:「ちょっとウクレレを入手したんで、、(笑)若干練習します。」

聞き手:「みんなで遊びに行ったりはしないんですか?」

生源寺:「あーご飯行くとかぐらいかな、遊びに行ったりはないかな。1回生と2回生で。」

高橋:「そうですね、あんま一緒はないですね。」

生源寺:「あんまないね。」

聞き手:「じゃあそれぞれ回生通しって感じで?」

生源寺高橋:「そうですね、回生通しが多いですかね。」

生源寺:「回生内が結構仲良くて、ま今後やりたいね(笑)」

高橋:「そうっすね。1回どこでしたっけ?ラウンドワン行きましたよね?」

生源寺:「あ、ラウンドワン行ったね!」

聞き手:「楽しかったですか?」

高橋:「楽しかったですよ!!」

聞き手:「二方とも下宿ということで、、、」

生源寺高橋:「そうですね。」

聞き手:「自炊とかされてるのですか?」

生源寺:「あ、結構してますね。」

高橋:「そうですね。自分もできるだけやってます。」

生源寺:「去年この取材があったときは全然やってなかったんですけど、すごいからだのこととか意識しながらご飯はなるべく家で食べようかなっていう風に変わったんで(笑)」

聞き手:「結構あれですか、健康管理とかされてる感じで?」

生源寺高橋:「そうですね。」

高橋:「割と気にしますかね。」

生源寺:「すごい成分表見るもんね。」

高橋:「あ、そうですね(笑)」

聞き手:「成分表?」

生源寺:「あの例えばお菓子とかあったら何が入っているかとか。」

聞き手:「あーありますね!」

高橋:「気になりますね。」

聞き手:「やっぱりそういったところから(笑)」

生源寺:「はい、見るようになりましたね。」

聞き手:「1年で変わったって感じですか?」

生源寺:「そうですね。1年で変わりましたね。」


主将としての責任感どう感じてますかーー。

生源寺:「すごい今の部活、3回生でレギュラーの人が1人いて、であとは2回生、1回生っていう感じの構成になってるんで、しっかり1回生とか2回生の力、実力をつけていけれるようなチーム作りをしていきたいなって考えてて、その上ではみんなにかつ入れたりとかすごい引っ張っていけるような主将じゃないといけないなっていうのはすごい感じていて、、いろいろ責任を感じてますけど、その責任も楽しみながらちょっとずつみんなと一緒に成長していけれたらなと思ってます。」


対談相手を選んだ理由教えてくださいーー。

生源寺:「選んだ理由は普段も結構一緒にご飯いったりとか練習してりとか、結構コミュニケーションとること多くてゴルフも熱心にやってますし、トレーニングとかも一緒にやったりとかしてて結構仲いいんで選びました。あと家がすごく近いんで(笑)」

聞き手:「そうなんですか!」

高橋:「今自分のアパートに車とめてここに走っていただいたんで、、」

生源寺:「で実は年が一緒なんです。」

聞き手:「さっき聞きました!みんな一緒っていうことですよね(笑)」

生源寺・高橋:「そうですね実は(笑)」


これからチームでどんな役割でいたいというか、どうやって貢献していきたいですかーー。

高橋:「そうですね、もちろんプレーで引っ張りたいなっていう気持ちはやまやまあるんですけど、それ以外でもやっぱりリーグ戦とか団体戦とかになってくるとやっぱ自分のどういう姿勢で試合に挑んでいるかっていうのが周りにこう浸透してくると思うんで、なるべく自分ができることはしっかり最低限やって、それを姿勢をみて新しく入ってくる1回生とかがまねをしたらこういう風になれるっていうお手本にはなりたいなと思います。」


主将としてまとめていきたいという感じですかーー。

生源寺:「そうですね、チームがそのうまい人もいれば大学から始めた初心者っていう人もいて結構レベルも違いますし意志も全然違うのでその辺は少しずつ引っ張り上げながら、あまりガツンといくとどうしてもついてきづらいと思うんで、ちょっとずつちょっとずつやっていきながらチームとしてすごいいい雰囲気で試合に臨んでいけるようなそういうことできるような主将になりたいですね。」


毎日練習あると思うんですが、普段から練習で気にかけていることとかありますかーー。

生源寺:「うーん、あんまり無駄にいっぱい球を打ちすぎないようにはしてますね、僕は。なんで結構練習場で打つ数は少ない方だと思うんですけど、一球一球どういう球を打つかとか意識しながらやってますね。集中力があんまり続かないんでなるべく短時間で質の高い練習をしようって考えてます。」

高橋:「そうですね、自分はずっと今まで完璧を目指して練習してたとこあったんですけど結果を出すってこと考えるとあんまり必要ないなってことに最近気づいてきたんで、練習の時から結果を出すためにはどうしたらいいんかなとか考えてなるべく練習するようにしてます。」


同志社のゴルフ部の魅力とは何だと思いますかーー。

生源寺:「魅力ですか。魅力は仲がいいことですかね、でもすごい他の部活はわかんないですけど上回生と下級生が結構仲良くてみんなプライベートとかでも遊んだりとかご飯行ったりとかするような感じなので結構雰囲気はすごいいいかなと思います。なんか大学のゴルフ部の中だったらすごい関西とか中でもいいんじゃないかなと思いますね。」

高橋:「自分はほかの強豪大学とかと比べるとそのトップっていうたらあれですけど上の方のレベルの人と下の人とでは差があるとは思うんですけど、その上の人もしっかり下の方たちに教えられるような環境ができてると思うので、それはなかなかほかの大学にはない良さなのかなとは思います。」

生源寺:「なんか個人でバラバラって感じじゃなくてすごいチームって感じで、、」

高橋:「教えあったりしてるんで。」

生源寺:「そういう強みはあると思います。」


理想のチームというか、今後どんなチームにしていきたいですかーー。

生源寺:「今、その団体で強い大学っていうのはやっぱ勉強がちょっとおろそかって言ったらあれですけど、結構ゴルフばっかりをやっていてそこに強い人が入学して戦ってるっていう状況なんですけど僕らはやっぱりそのセレクションがあまりなくて大学から始める人達もいますし、そういう中でその強い学校に勝っていくためには同志社でいいのかって常に考えながら、まあ勉強もできてゴルフも強いってなったらかっこいいと思うのでそういうチームを目指していきたいと思います。」

高橋:「同じでお願いします。」


チームと個人としての今年の目標をお願いしますーー。

生源寺:「チームとしては、まず春リーグが5月にあるんですけどそこで今大阪学院が17連覇してるのをとめて関西優勝して、全国大会で日本一になるっていう目標があります。個人としては昨日まであった連盟杯はその今年の目標として関西で3冠っていうのを目標にしてたんですけど、昨日までの連盟杯勝てなくてちょっと悔しかったので関西学生とあと会長杯勝てるように、で全国大会では自分のスコアですけど2桁アンダーいって上位に食い込めるように頑張ります。」

:「自分はチームとしてはもう日本一、全国で日本一っていうのが一番の目標なのでそれにつきますかね。個人ももろもろ目標あるんですけど、まあ自分の目標っていうよりかはチームで優勝して喜びたいっていう気持ちがすごい強いです。」


2人の同志社ゴルフ部への熱い思いが伝わる主将対談となった。学業と部活の両立をし、エネルギッシュあふれる強いチームを目標に全国を目指して日々精進しているゴルフ部男子、さらなる活躍に期待したい。(聞き手 国本夕渚)

生源寺龍憲(商学部3年/作陽高等学校)

チームのことを一番に考える頼もしい主将。


高橋周平(スポーツ健康科学部2年/IMG high school)

アメリカ帰りの期待の選手。



ゴルフ部主将セレクション 2019年を語る

薮下衣×左海

「新たなチームで」



左から薮下(スポ3)、左海(経済2)


他己紹介をーー。

薮下:ありさは良い子なんですけど、負けず嫌いというイメージがすごく強いです。

左海:あー、確かに。それはあります。

薮下:やっぱり?でもその負けず嫌いって良いところだと思います。試合でも1年の時に良いスコアで回ってくれて心強い存在ですね。勉強も頑張ってると思いますし。武両道でめっちゃ頑張ってくれてます。

左海:ゴルフって結構2つのタイプに分かれますよね?変人か我が強いか(笑)

薮下:あ~。

左海:まいさんは変人タイプです(笑)

薮下:うそでしょー!(笑)

左海:本当に周りのことを全然気にしない人で(笑) そういう面は、まあゴルフに向いてると思うんですけど(笑)

薮下:ディスられてるん、これ(笑)

左海:でもやる時はやる先輩なので、すごく尊敬してます。

薮下:照れる(笑)

左海:部活のこと考えて、やるなんて。来年そんなんできると思わないです。

薮下:できるよ。ありさなら。


新体制の雰囲気ーー。

左海:新三回生の雰囲気が全然違いますね。今までの3回生と。

薮下:なるほどね。

左海:新3回生は、部活でも私生活でもずっと一緒にいるんで。

薮下:確かに。

左海:仲良しだけど、部活の時はちゃんと部活のこと考えてやってはるので、今までのゴルフ部よりはいい意味で厳しくなったとは思いますね。

薮下:なるほどね。

左海:違いますか?そう思います私は。

薮下:多分新3回生だからわからんのかな。

左海:下から見たらそう思いますね。上を見てたら。

薮下:なるほどね。

左海:結構印象は違いますね。今までは仲良くしよう!って感じだったんですけど、今は仲良くするけどやる時はやろうぜみたいな感じに。

薮下:メリハリね。そうだね。それ大事だね。


今年の目標ーー。

薮下:チームとしては関西1位とまず日本一目指そうって頑張ってます。関西ではね、1位だよね?もう負けられないよね?

左海:そうですね。

薮下:去年の秋に全国いけなくて。あれは春の全国大会で3位になったことで、それで行けて当たり前じゃないかってどっかで思ってた部分があって。春に、野村さんが教職取ってて抜けちゃうんで。戦力的にはちょっと落ちてしまうんですけど。まあ、下が頑張ってくれるでしょう!(笑)


個人としてはーー。

薮下:私は、日本女子学生で上位に入りたいっていうのはありますね。あと、学生関係ないんですけど、日本女子アマでも上位にいきたいなあと。まだ今までで1回しかいったことがないんで。今年頑張りたいなあと。

左海:私は日本女子アマに出るのと、去年は全国大会、日本女子学生だけ出れてないんで、そこ出て、学生をやりきろうかなと思ってます(笑)


勉強の面はーー。

左海:去年1個落としたので、今年は取った分は全部フル単でいきたいです!

薮下:かっこいい。私ちょっと英語が苦手で(笑) 英語落としちゃってるんで、英語です(笑) がんばります。


今年は関西1位、そして日本一を堂々と目標として掲げた女子ゴルフ部。新たな主将を中心に、目標に向かって日々努力を続ける。(聞き手:鈴木葉)


薮下真衣(スポーツ健康科学部3回生/広島国際学院高等学校出身)

左海有彩(経済学部2回生/大阪桐蔭高等学校出身)

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について