同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
気持ち切り替え、勝利
春季初の黒星
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2019 : ワンダーフォーゲル部
主将セレクション「ワンダーフォーゲル部」

ワンダーフォーゲル部主将セレクション 2019年を語る

段ノ上仁×南弥×法

「生きることの実感」


左から南(社2)、段ノ上(社3)、法蘇(政策2)


~対談相手に選んだ理由

段ノ上「南は自由な感じで、例えば合宿終わり、普通はしんどくて電車で帰るのが普通ですけど、ヒッチハイクで帰るという時間かかることします。色々なことに挑戦したりするという意味でワンゲルという言葉が似合うかなと思い彼を選びました。法蘓はしっかりしていて、ワンゲルを引っ張っていて欲しいと思い選びました。」

「今、2回生が3人しかいないということもあり、でしゃばりな部分があるので嬉しいです。」

法蘓「期待に応えるように頑張ります。」


~ワンゲルに入った理由

段ノ上「僕は友達に誘われて新歓に行ったら面白そうだったから入った感じです。」

「僕は小中にバスケやっていたけど、高校に帰宅部になってダラダラなってしまい、これは鍛え直さないと思いしんどいところに入ろうと思いました。そこで体育会に興味を持ちその中でワンダーフォーゲルという名前に惹かれて入った感じです。」

法蘓「高校に入った時、ワンダーフォーゲルやっていて、大学入ってやろうか迷ったんですけど高校の同期とか先輩がやったらいいやんと言ってくれたので、入ろうと思いました。」


~ワンゲルの魅力

段ノ上「普通に生活していたら見れないような景色を見ることができるという感じです。逆に旅行先で絶景といわれるところを見てもそんなにかなって感じです。普段、山で見る景色の方が綺麗ですね。」

法蘓「やっぱり、山の頂上とかは頑張って見て良かったなと思える景色が多いので、ずっと続ける理由です。」

「あとは、社会のしがらみから逃れる期間を設けることができる。電波とかも通じないから、そこで非日常的なとこでリセットするみたいな感じです。」

段ノ上「確かに、連絡取れないもんね」

「連絡とらなくていいんだと感じます。」

法蘓「携帯触りたくなくなる。触る気が起きない。」

段ノ上「僕も確かに入った理由として、携帯とか連絡ができないのも煩わしいけどワンゲルの魅力の1つかなと思います。」

「生きている感じがする。一歩外れれば死ぬようなところを登っているとアドレナリンとかが出て生きていると感じられる。」

段ノ上「合宿終わった後も、達成感や生きる緊張から解放されて2、3日は幸せに包まれる。笑笑」

一同「笑笑笑笑。」


~今後の目標

段ノ上「全員がワンゲルの知識を得た上で事故なく活動を楽しめるのが今後の目標です。」

「前の主将が頼りがいのある先輩だったので、今その先輩がいなくなって僕ら一丸となって協力して良い関係で技術も意識も向上してやっていけたらと思います。」

法蘓「今まで色々迷惑かけてきたりして、引っ張ってもらっている側だったのですが、後輩入ったら、自分も教えたりとか指導しないといけないところ出てくるのでしっかりしないといけないと思います。」


現代発明品の代表の1つ携帯電話は今や人類が生活する上で欠かせないものとなった。その反面、人間が依存しているのも事実だ。今回の対談を聞いて、そのことを更に実感した。連絡が遮断されたときどうなるのか、ワンゲルがその応えを示してくれるのかもしれない。(聞き手・宇佐美義人)


○プロフィール

段ノ上裕仁(だんのうえ・ゆうと/加古川東高校/趣味:スポーツ、読書)


南佑弥(みなみ・ゆうや/高取国際高校/趣味:喫茶店めぐり、弾き語り)


法蘇薫(ほうそ・かおる/明星高校/趣味:音楽鑑賞、読書)

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について