同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
6月のWEB企画 : アーチェリー部
ルール紹介「アーチェリー」

第35回

ルール紹介「アーチェリー」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

みなさん、アーチェリーに団体戦があるのをご存知ですか?

個人のスポーツだと思っている方が多いかもしれません。

実際団体戦も、1つの的を狙って、一人で射つのですが、個人戦とはがらりと雰囲気も変わります。今日はその団体戦について詳しく紹介したいと思います。

 

 

春のリーグ戦は、団体戦で行われます。1チーム男子は8人、女子は5人で競い合います。横一列に並び、それぞれの的を狙って弓を引きます。50m、70mをそれぞれ36射うち(1エンド3射)、一人720点満点のチームの合計で勝ち負けを決めるのです。ですから、アーチェリーの団体戦では、5192-4928という様に他のスポーツではあまり見られない得点がでます。

 

5人が横一列に並び、3射ずつうつ。それを対戦校と交互に12回ずつ行う。(3×12=36射)

 

 

 

得点は、下の写真のようにど真ん中から10点、9点、8点となっています。ちょうど境目に矢がささった場合は得点の高いほうにカウントされます。

 

 

 

 

 

 

 

矢が10点にささるを、”10金”という言い方をします。同志社は選手が弓取りから帰ってくるときに自分の得点を叫ぶのですが、今春のリーグの摂南大戦で18回連続10点の180金を同志社の土岐(経3)が出しました。「同志社土岐180金~!」という言葉が相手へのプレッシャーにもなり、またチームに勢いがつきます。部員全員で声を出し合いチーム一丸となって気持ちを高めながらも、個人では精神を集中させて試合に臨む。アーチェリーは本当に奥深いスポーツです!!

 

 

同志社アーチェリー部は6月26、27日に静岡県のつま恋で王座決定戦に臨みます!

王座は男女3人ずつ代表が選出されます。

リーグ戦とはまた一味違ったアーチェリーがみられるでしょう。

お時間のある方はぜひ、試合会場に足をお運びください。

 

(明本斉・野呂朋未)

 

【6月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について