同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
大体大に快勝[Jr.リーグ]
層の厚さ見せつけ優勝!
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19春の展望 : 水泳部
'19春の展望「水泳部」

全員でもっと上へ


冬を越し、DUSにも新たな風が吹き始めている。意識を高い選手が切磋琢磨し、尾崎(スポ4)率いるDUSは、日々努力を重ねて団結力を強めている。


主将・尾崎


チーム一丸となって、ベスト更新を狙う。2年生陣のベスト更新率は上昇傾向にある。特に、自由形を専門とする佐々木(2)は、昨年度末からメキメキと実力をあげている。昨年12月に行われた関西学生冬季記録会では、男子400㍍自由形、200㍍自由形ともに自己ベストを更新した。


自己ベストを大幅に更新した佐々木


同じく自由形専門の武田(2)にも注目だ。インカレのフリーリレーメンバーも務めた彼は、コンスタントに記録を縮めている。高いベスト更新率を誇る2年生たちから目が離せない。


着実に記録を縮めている武田


3年生にも期待が高まる。先日行われた日本選手権に出場を果たした芝(文情3)。高校時代は思うように成績を残せていなかった彼が、開花した。1月に行われた第36回浜名湾長水路選手権大会で、50㍍背泳ぎで日本選手権、100㍍背泳ぎでジャパンオープンの派遣標準記録を突破。背泳ぎを専門とする選手が欠ける中、芝の飛躍はチームにとっても大きなものだ。


飛躍を遂げている芝


有賀(スポ3)も着実に調子を取り戻し始めている。芝とは裏腹に、高校時代に成績を残していた彼は、大学では怪我に悩まされていた。しかし、腐らず、トレーニングを積んできた成果が徐々に発揮され始めている。自己ベスト更新まで、そう遠くはないはずだ。


復調の兆しを見せる有賀


4年生では、女子部主将を務める阿部(4)が、和歌山短水路で実に3年ぶりに自己ベスト更新を果たした。見事、ジャパンオープンの派遣標準記録を突破。「何年も時間がかかった分、今までの水泳人生で一番嬉しかったかもしれない」(阿部)。練習通りの泳ぎが出来れば、自己ベスト更新は堅いと踏んでいた。長年の努力が実った瞬間だった。阿部の自己ベスト更新が、チームの追い風となるだろう。


努力が実り、調子を上げている阿部


主将・尾崎は、「ここ数年で一番と言っていいほどのチームだと思う」と語る。チーム内にライバルとなる存在がいて、刺激を与え合える。尾崎も先日の日本選手権に出場し、自身の背中で、泳ぎで、選手たちを引率する存在へ。お互いを高め合える最高のチームで個人、団体ともに上を目指し突き進む。(泉美咲)

 

【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について