同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
ミス修正へ
主将セレクション「アイスホ...
'19春の展望「...
新チーム初白星!【ラクロス...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2019 : ラクロス部
主将セレクション「ラクロス部女子」

ラクロス部女子主将セレクション 2019年を語る

竹本優×中村

「皆んなで掴む勝利を目指して」

左から中村(スポ3)、竹本(スポ4)


お互いをどのような存在だと思うかーー。


竹本「元々高3の時から知ってるし、すごく頑張ってるし、めっちゃ明るいし」

中村「めっちゃ恥ずかしいですね、これ笑。そんなんいっつも言わない(笑)」

竹本「自分が関大じゃなくて同志社大学に来たことはちょっと予想外やったけど、入って。あー有里が入ってくるんやーみたいな感じで、入ってきた時も下宿一緒やし、学部も一緒やし、ポジションならではの悩みとかも全部話したりできる相手やから。これ言ったら怒られるかもしれへんけど、他の同期とかも好きやけど、心からめっちゃ話せるのは有里かな」

中村「めっちゃ嬉しいです。あー恥ずかしいですね(笑)」

竹本「ポジションのこととかラクロスのこととか、経験者やからわかってくれるってとこもあるかもやけど、色々話せるのって、(そんなに)ないから。」

中村「ありがとうございます。もう、感謝です。」


中村「私は逆に高2の時に知って、もゆさんが同志社大学にくるって知った途端、実はもう大学で入るってもうその時に決めたぐらい、私の中で存在がでかくて、めっちゃすごいっていうのは高校の時から思ってました。あーこの人から色々学びたいなって、そういう気持ちで。これも恥ずかしいですね(笑)」

竹本「(笑)」

中村「大学一緒になって、やっぱりすごいんで、チームをずっと鼓舞してくださってて。もちろん追い抜きたいっていう気持ちもあるけど、逆にもゆさん支えられるぐらい、強いゴーリーになりたいっていう向上心にもなってて。さっき言ってくれはったみたいに、私生活でも気軽に話せる先輩ってなかなかいないんですけど、もゆさんだったらなんでも、ポジションの悩んでることとか今のチームの話とか、ほんまになんでも話せる関係がすごい、ありがたいです。恥ずかしがらないでくださいね(笑)」


三月のアメリカ遠征を終えてどう思ったかーー。


竹本「実際あんまり強くはなかった。」

中村「そうですね。結果みたらやっぱり、意外と勝ってしまったんですけど。」

竹本「けど、なんか根本にあるガタイのでかさとか、技術とかはやっぱ外国人やし。ただ皆んなが楽しんでラクロスをやってくれたのが一番嬉しい。」

中村「イキイキしてました。自分たちが意外と通用するっていう発見もあったり。それは嬉しかったなって思います。」

竹本「多分勝ち敗けとか考えてないんで、みんながチャレンジしてこれできた!とか言ってたりするのが、ラクロスの楽しさっていうのを分かれたのはよかったかな。」


新チームになり、新23回生に向けて伝えたいメッセージはーー。


竹本「主将からしたら、同期もやっぱ大切やけど下がいることで試合も出れてるし、チームが成り立ってる。下の子たちの戦力も今必要としてたり、試合出てる子もいるし。練習とかやってて、下がめっちゃ練習頑張ってるのとか、成長しようとしてくれてる姿ってめっちゃ嬉しくて。そういうのは目に見えるし、うん。もっともっと主体性をもって幹部からじゃなくて下からもチームを変えていきたいとか、引っ張っていってほしい。今だいぶ変わってきたけど、日本一を一人一人考えて、意見いってくれたらありがたいなぁ。」

中村「本当そうだなって思います。今言ってくれはったみたいに、やっぱ団体競技っていうのもあるし、同期だけ強くなろうじゃ絶対強いチームって作れへんと思うから、下との繋がり大事やなっていうのはすごい最近も思ってて、そうやな。日本一って目標に対して私らってまだラストイヤーとかじゃないけど、日本一に対して4回生と同じぐらいの気持ちでやっていきたいっていうのは自分もあるんで、それを巻き込んで一緒に今年こそ日本一絶対みんなでとるっていうのを日々の練習中から、自分らまだ二回生やしとか三回生やしっていう気持ちじゃなくて、チーム全体がその目標に対して練習して強くなって最終その目標に対してみんなで喜べるようにしていきたいなって思いますね。」


 アメリカ遠征を終え、異国の地でラクロスの楽しさと仲間の存在を再確認した女子ラクロス部。全国制覇という大きな目標に向かい、チーム一丸となって走りだす。

(聞き手立入愛美)


プロフィール

◯竹本萌優(スポーツ健康科学部4年)

◯中村有里(スポーツ健康科学部3年)

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について