同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
遠的女子個人で向下が全国優勝!!
リベンジ誓う
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
主将セレクション2019 : ソフトボール部
主将セレクション「ソフトボール部男子」

主将セレクション 2019年を語る

小澤裕×濱谷一×兼古

「ラストイヤー、それぞれの形」

左から、小澤(社4)、濱谷(文情4)、兼古(スポ4)

ーーなぜこのメンバーを選ばれましたか。


小澤「普段そんなにプライベートの話をしないからこそ聞きたいなって思って。それに3人と言えば同期3人なので。」


濱谷兼古「いい機会やなって思います。(笑)」


ーー他者紹介をお願いします。


小澤濱谷

小澤「無口な性格ではあるんですけど、内に秘めているものがすごくあるのかなって。プレースタイルでいうと背中で引っ張っていくタイプ!というか。」


濱谷「そうですね。そんなに口数は多くないです(笑)。」


濱谷兼古

濱谷「兼古はそれこそ僕と結構対局な感じの、チームでの盛り上げ役っていう感じです。プレー面的にも頼りになるし、前のチームからずっと四番でやってきてくれて、『(バッティング面では)もう絶対大丈夫やろ!』っていう信頼があります。


兼古「ありがとうございます(笑)。」(少し照れた様子の兼古)


ーーお二人は性格的に対極のようなイメージを持ったのですが。


兼古「濱谷はそれこそ俺の兄貴にめっちゃ似てるんですよね。自分は結構喋る方だから、話しかけたら返してくれるみたいな。」


濱谷「逆に自分の周りはこういう風に喋ってくれる人が多いから助かる。」


兼古「小澤はね〜なんやろ。キャプテンやから一番大変やとも思うし、それにあんまり見えへんとこでが頑張ってるんちゃうかな?って思います。」


小澤「あはは(笑)。」


兼古「書類とかもめっちゃ作ってくれたり。」

濱谷「スケジュールとかもなぁ。」


兼古「意外と、、、意外とって言ったらあれやな(笑)。こまめやし、勉強もできるんやろうなっていう。きっちりしてるタイプやな。」


小澤「そうですね、スケジュール管理はめっちゃ気をつけてます。急に三日間オフって言われても友達と旅行とか行けなかったりするんで。早めに月間スケジュールを組むことで、オフに楽しんで、部活へのモチベーションが高まるかなって。」


兼古「ちゃんと予定立てて遊べるから助かってます。」


小澤「最近は休日をしっかり取る分、一回の練習を密度濃くしてますね。」


ーー今年度の目標は


小澤「個人としてはチームで一番声を出す!というか。あいつ馬鹿なんじゃないかくらいの(笑)。」


濱谷「いや、すごい良いと思う。」


兼古「新チームで面白いことする人って少ないからなぁ。やっぱり楽しくないと練習も続かないし大事やと思う。でも濱谷も求めたら期待以上のことしてくれるんで(笑)。」


一同(笑)


濱谷「個人の目標はさっき話にも出たけど、背中で引っ張れるようにやっていきたいです。格好良く言ったら前に出てやるんじゃなくて、後ろで支える感じで。後輩も自分から積極的に指導しないけど、聞いてくれたらいくらでも教えるんで(笑)。」


兼古「僕はもちろん今までのレベルを保てるようにっていうのと、後輩にこれからも頑張ってもらえるようにっていう。チーム全体の底上げ、あと士気を高めていきたいです。全体的にレベルアップできたらいいかなって思う。」


小澤「でも兼古は最高学年になってからこういう風に変わったなって思います。」


兼古「えっ?(笑)」


小澤「前はもっとどっちかと言えばわいわい騒ぐ感じのタイプなのかなって思ってたんですけど、チームのために、みたいに変わった気がします。」


ーー最高学年になって変わったこと

小澤「どの大会も最後になるんです"勝つ"っていうのはもちろんなんですが、後悔を残さないようにしたいですね。」


濱谷「僕は大学に入ってソフトボールを始めた(今まではずっと野球をしていた)ので、今までは先輩たちや同期に迷惑かけられへんなっていう自分に必死みたいな部分があったんですけど、最高学年になって周りを見るようにしています。あとさっき小澤も言いましたけど、出る大会も限られてくるので秋リーグあたりから更に"勝ち"にこだわるようになりました。」


兼古「最高学年になって、疑問に思うことは口に出していくようになりました。逆に自分が言わなきゃいけない立場っていうことは、自分が出来てないとあかんからなぁ。まぁ出来てない時もあると思うんですけど(笑)。みんなが言ってるけど最後になってくるからなぁ。」


小澤「それにこのチームが始まった時から、西日本に出れたとしても、インカレに出れないと分かった時点で引退するっていうのを決めてて。負けたら終わりっていう常にプレッシャーをかけながらやってますね。」


ーー注目選手を挙げるとしたら。

濱谷「僕は一番後輩で関わりのある高橋謙介っていう奴がいるんですけど、中学校までずっとソフトボールやってて、高校で登山部・・・」


兼古「急に登山部(笑)。」


濱谷「それで最初のスタートが全然低かったんですけど、最近になって追い上げてきて急成長がすごいので、期待大ですね。」


小澤「『なんで俺を出さないんだ!』っていう意欲がすごいですね。(笑)」


兼古「僕は仲田勝と高橋海人ですね。打てる可能性がすごくあると思うから。もちろん春リーグで後輩みんな活躍して欲しい気持ちがあります。」


小澤「そうですね、僕は特にこの子が注目とかはないんですけど、試合に出すメンバーは僕が考えているので、それは自信を持って本当にみんな注目できる選手です!」


一同「おぉ!」


同期三人の普段は話さない本音トーク。三人の趣味も、性格も、チームの引っ張り方も全く違った。けれども進む方向は同じだ。三つの違ったピースが上手く揃った時、どのような同志社が見られるのだろうか。昨秋は2部降格と悔しい結果に終わったが、1部というレベルの高い舞台でそれぞれの課題を見つけることができた重要なシーズンにもなった。チームとしての目標"インカレへの出場"はもちろん見据えつつ、最後となる春リーグの試合を一つ一つ大事に戦う。目の前の"勝ち"に貪欲に。ラストイヤーの戦いへと闘志を燃やせ。(聞き手、藤田彩花・赤地貴音)



プロフィール

主将・小澤智裕(おざわ・ともひろ)/社会学部4年生/趣味:サッカー観戦/好きなタイプ:しっかりしてる人


濱谷恒一(はまたに・こういち)/文化情報学部4年生/趣味:YouTube/好きなタイプ:今田美桜


兼古達也(かねこ・たつや)/スポーツ健康科学部4年生/趣味:ゴルフ/好きなタイプ:石田ニコル








【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について