同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関カレ開幕!
'19秋の展望「...
’19秋の展望「自転車競技部」
立命大戦で目標達成【陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
主将セレクション2019 : ボウリング部
主将セレクション「ボウリング部」

ボウリング部主将セレクション2019年を語る

佐藤太×横仁志×澤田

「上回生の繋がり」



左から横田、澤田、佐藤


ーー対談相手を選んだ理由

佐藤「副主将と1番活躍できる人なので、あと普段いっしょにいるので選びました。」


ーー部の雰囲気

横田「同志社ということで、自由な校風で自由な部活という感じで、縛りがないよね」

佐藤「ほとんどない」

澤田「みんなボウリングが大好きだから、練習中の話はだいたいそれ(ボウリングの話)ばっかで、、、その、、リーグが近いので」

横田「下手か(笑)」

一同(笑)

佐藤「上回生は優勝目指してがっつり頑張って行こうかなという感じです」


ーーお互いの印象  横田選手

佐藤「お互いの印象、、、」

澤田「横田は、見てのイケメンで」

横田「まあそれはそうやな」

佐藤 (笑)

澤田「勉強大好きで、賢くて、金もあって」

横田  (笑)

佐藤「そういうのじゃない(笑)」

横田「自由すぎるかな」

佐藤「ボウリング小僧やな」

澤田「うん」

横田「優しそう」

佐藤「そう? 実は、、?」

横田「おっさん」

佐藤澤田「おっさん(笑)」

横田「悲しいな」

佐藤「ここまで仲良くなると、印象ってのも難しいな」

澤田「最初見たときは、めっちゃ静かな人やと思いました」

佐藤「最初は確かに真面目そうな人」

澤田「好青年な人やったんですけど」

横田「今は?」

澤田「今は見ての通り、やばい男やった」

佐藤「すぐ変なこと言う」



ーーお互いの印象  澤田選手

佐藤「最初?いつ?」

横田「ここ(佐藤と澤田)、中学から一緒なんで」

佐藤「最初はほとんど覚えてない(笑)中高一緒で、澤田が新歓の時にたまたま来て、誘い込んだら入ってくれた。すぐ飽きるかなとかも思っていたけど自分で調べ出したりして、今では僕よりもボウリング詳しくなっている。学年は一個下なんですけど、、」

横田「なぜか、学年がずれてる。日本の七不思議ですよね(笑)」

澤田「なんでかずれてるんですけど(笑)

佐藤「この3人は同い年だけど、関係性がおかしくなってる。横田は2回生から編入してきて、そこから2年経って今、副主将を頑張っている感じです」



ボウリングについての話が弾む



ーー今シーズンの目標

横田「4回生ということで、ボーリングの1つの基準である200アベを目標に。あと、リーグは秋は絶対優勝して、春は全員で優勝を目指している。誰かだけが活躍、他補欠ではなくて、みんなが試合出るつもりで優勝したい。」

佐藤「小声になってる」

澤田「そんな自信なさそうに」

横田「真面目に言った方がいいかなと思って」

澤田「去年の先輩が、リーグの中でアベレージ高くていい成績残したんで、それを今年も引き継いでアベレージが1番高く残せるようにいきたい。団体だと、チームがまとまらなくてうまくいかないこともあるかもしれないけど、そこで一致団結して春も秋も優勝を目標にしていきたい。」

佐藤「去年までけっこう個人の(結果の)ことばっかり考えていた。だけど4年生になったら個人も団体もほぼ一緒かなと思うようになってきた。3回生以上が今年たまたま、同い年になって繋がりが持てている。あとは今年入った6人の1回生の力と上回生6人の力を合わせて、みんなで優勝したい。」



ーー部でイチオシの人

佐藤「彼(横田)ですね。彼1人だけ、投げ方が両手投げで。すごい回転数があってすごいボールが回ってくれる。みんなが調子悪い時でも、1人だけ違うところに投げれるのでそういう時に活躍できるかなと思う。新しい考えをいろいろ持ってきてくれて、困った時に助けてくれる。」

澤田「僕か、、緊張するなあ。やっぱりあれですね。今、1年生の菅崎迅(経2)。頭の回転がすごく早くて、吸収も早い。今後活躍してくれるキーパーソン」

佐藤「言えばすぐやる」

澤田「今後活躍するのは、神崎仁」

佐藤「選挙やん」

横田「僕は、澤田くん」

澤田「うわ、忖度」

横田「正直、最初入った時はずっと面白みのない投げ方で、ずっと同じことやってて、こいつ何が楽しいのかなとか思ってた。結局ボウリングって、それが強くて。1年間で全部色々なこと自分で調べて、ボウリング歴1年でアベレージ190で、秋もアベレージ195で、本当にすごいんですよ。」

佐藤「語彙力」

横田「だんだん上がって行ってるんで、今年1年でもっと、、200、210くらい行ってくれるんじゃないかと期待しています」

澤田「1番求められてるのに、普通」



ーー昨年の関西優勝で意識は変わったのか

佐藤「連覇というのが現実的に見えてきた。去年は4回生の力が強かったので、僕たちとしては下の世代を育てていかないと続かないのかなということを強く感じている。自分たちの実力もまだ去年の4回目に比べたら足りない。練習量を増やしたりして、なんとか連覇を目指してる。京都産業大学が強いのでそこを倒せるように」

澤田「練習もね、ちょっとずつ濃くしている」

佐藤「練習内容を変えて、モチベーションを上げさせるのが大切かなと思っている。まずは楽しく、そこから現実的に勝ちを見据えて。やっぱり勝つことが1番だと思っているので。」

澤田「後輩の指導も、最初はボウリングを好きになってもらってからじゃないと」

佐藤「勝手に学んでいくという姿勢を作りたい。僕たちが何かを言いまくるとかじゃなくて」

澤田「今、ネットにもいろいろあるし」

佐藤「1回生が自分で学ぶってことをさせるのが難しい。その方法を模索中です」

横田「去年は、4回生3人とこの2人。今年はこの2人は一緒であと3人が変わる。その去年の4回生と僕らで比べられるので、これでもし弱くなったら新しく出る人が力不足って言われちゃうんで。去年優勝して嬉しい気持ちもあるけど活躍できていないし、今年優勝しなかったら弱くなった、って言われちゃうんで、頑張っていこうとしみじみ思っています」

澤田「ただの真面目やん」

佐藤「しみじみ」



対談からは、3人のボウリングへの情熱と部の結束の強さが感じられた。ボウリングが、部活が好きだからこそ強くなれる。学年を超えて意見を言い合って、互いを高めチーム全体で向上していく。

目標はただ一つ、目標はただ一つ。「みんなで優勝する」。自分のためだけでなく、チームのために。同志社ボウリング部一丸となって高みを目指す。



佐藤健太(商4/172㌢/60㌔/名城大学付属高校) 

最近ハマっていることはドライブ



横田仁志(法4/177㌢/68㌔/北陸高等学校)

最近ハマっていることはJason Belmonte



澤田貴斗(経3/168㌢/70㌔/名城大学付属高校)

最近ハマっていることは海外旅行

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'} span.s2 {font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'}

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について