同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
春リーグ完結!【陸上ホッケ...
サーブル男子女子ともに王座...
唯斗へ~母の思い~
辻村祐人・宮本憲秀・北村慎吾
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション2019 : バドミントン部
主将セレクション「バドミントン部女子」

バドミントン部女子主将セレクション 2019年を語る

長町実×長丸由子

「去年を越える」

左から長町、長丸


対談相手を選んだ理由はーー。

一同「必然的にこうなりましたよね(笑)」

長丸「けど、最初は主務じゃなかったんだよね。監督に外されて」

長町「なんだかなんだかあって(笑)」

長丸「理由は教えてもらえれんかったけど」

長町「幹部になるなら、彩由子がなるべきだって先輩に言われてだよね」

長丸「そう。それで結局主務になりました。」

一同「結局主務」


主務ってどうですか??ーー。

長丸「嫌いじゃないかな。けど、いろいろめんどくさい。まだ始まったばかりだからわからないけど、メールのやり取りとか、体育館の確保とか(笑)」


新体制になって、そのような変化がありましたかーー。

長町「やっぱ、人数がすごい減ったかな。就活で結構抜けちゃって。」

長丸「さみしいよね。でも、 良いことも悪いこともあるけどね。」

長町「 悪いのはただ圧倒的に人数が少なくて、できることが少ない。けど、人数が少ない分、練習をみっちりできる。」

長丸「活気はまちがいなくない。就活から戻ってきたり、新1年生が5人入るから、また活気付くかな。」

長町「去年と大きく違うのは三回生が2人しかいないこと。」

長丸「去年は多かった。」

長町「多い分、言い合う部分が多かったので対立がよくあった。それはいいことだと思うけど、今年は2人しかいないから、みんなをまとめやすい。」


チーム内での自分自身の役割ーー。

長町「今年はチームのキャプテンっていう立場ではあるけれども、試合で絶対に勝たなければいけない位置なので、プレーで引っ張れるように、プレーで引っ張っていくことが私の役割だと思っている。」

長丸「何かなあ。なつみを支えることかな。縁の下の力持ち!かな。なつみが勝たなければ、勝てへんから。ダブルスを組んでいるから、勝つために。」

長町「シングルスでは私が勝手にやるけど。ダブルスは支えてもらわなければ、勝てないから。支えてほしい(笑)」


心境の変化はーー。

長町「特にキャプテンだからといってっていう気持ちはあまりないかな。」

長丸「ちょっと責任感があるよね。リーグがまだ始まってないから、始まったらわからないけど笑」

長町「まだプレッシャーとかはないけど。」


主将はどんな存在??ーー。

長町「主将は主将だよね。」

長丸「いないとやばいね。昨日なんか特にやばかった。昨日主将がいなかったから全然締まらなかった笑」

長町「笑笑」

長丸「昨日高校生が練習したいって来てて、けどあやふやな感じで主将の存在はでかいなって思ったかな。なんかかっこいい(笑)」


どんなチームを作り上げていきたいかーー。

長丸「言ってきてほしい。下からは。」

一同「意見言い合える関係がいい。」

長丸「喧嘩売ってくるのに、買うタイプやから。なんていうか競い合いたい感じ。なあなあでやって欲しくない。もっと本気でさ。」

長町「食い気味にきてほしっていう。」

長丸「その方が反発心持ててやれる。」

長町「仲が悪いとかじゃなくて、試合とかでガーってガチで言い合える関係。そうした方がみんなのレベルが上がるし、結局チームが強くなる。」

長丸「試合中はバチバチしたい(笑)」

長町「終わったらふつーに戻ってほしいけど(笑)」

長丸「平和に終わって欲しくない(笑)」

一同「言い合えるチームになりたい」


今年度のチームとしての目標ーー。

長町「去年を超えるってことが前提で去年はリーグが準優勝だったので、リーグ優勝とインカレ4を目指す。」

長丸「優勝したいなあ。」

春リーグの戦況予想はーー。

長町「その前に京都リーグがあるので、そこで1年生を場に慣れさせて、関西リーグに挑みたい。負けて言い訳じゃないけど、私たちも含め、チームで勝ちたい。」


今年度のバドミントン部女子の見所はーー。

長町「んー、なんやろね」

長丸「長町の全勝や(笑)」

長町「笑笑。全勝したことないので頑張ります。」

長丸「ダブルス、シングルスで全勝!!」


個人としての目標はーー。

長町「リーグ全勝。関西の中ではベスト4以上に入って、インカレはベスト8以上。」

長丸「でかくない??(笑)」

長町「大丈夫!!いけるいける笑」

長丸「私も同じ感じかな。龍谷大学に勝ちたい。マジで。」

長町「龍大が見えてきてるから。」

長丸「意識できるレベルまできてるはずやから。」

長町「前までは龍大との差がとてもあったけど、」

長丸「龍大がトップにずっといたから、けどもう見えてきてるから、勝ちたい」

一同「打倒・龍大です」


仲の良さを体感できた対談だった。二人の強さはまさにこの仲の良さから垣間見えた気がした。

これから新チームが本格的に始動する。チームの目標は意見が言い合える関係を作り、チームの力を底からあげる。

去年を越えたい。彼女たちは常にこうつぶやいていた。前大会での悔いをバネに去年を越える。

関西リーグ、インカレと最高の舞台で最高の結果を求め、今日も彼女たちはラケットを握る。

4月29日より関西春季リーグは行われる。彼女たちのこれからの勇姿に注目したい。(柳ケ瀬 達彦)

 

このトッピクスの題名を一緒に決めました。

長町「なんやろ、んー」

長丸「んー、去年を越える!!」

一同「去年を」

長町「去年が最高の成績だったんですよ。」

一同「インカレベスト8。史上初」

長町「で、史上初やって。けど、すごい行けないわけでも」

一同「なかったかなあ、あれは」

長町「関東とも、あ、行けるっていう自信につながったので、今年はベスト4に行きたい。」

長丸「だから、去年を越える。なんか去年ってださくない??(笑)」

長町「笑笑。昨年!は」

一同「お任せします!!(笑)」

『去年を越える』にしました(笑)


◯プロフィール

名前 長町 夏実
学部 商学部
身長 170センチ
出身地 徳島県
出身校 聖ウルスラ学院英智高校
チームでの存在 チームのお手本
最近あった嬉しかったこと 給料がいつもよりいっぱい入ったこと

名前 長丸 彩由子
学部 文化情報学部
身長 155センチ
出身地 石川県
出身校 金沢学院高校
チームでの存在 縁の下の力持ち
最近あって嬉しかったこと お父さんにプリンターを買ってもらえること。


【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について