同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
打倒関大ならず、秋リーグ準優勝
快勝!秋リーグ無敗で最終節へ進む
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
主将セレクション2019 : 硬式野球部
主将セレクション「硬式野球部」

硬式野球部主将セレクション 2019年を語る

杉内貴×野々×加藤

「最終学年の思い、いざ神宮へ」

他己紹介からお願いしますーー

杉内:「まじで嫌いこういうの(笑)

野々村:「他己紹介してや!」

加藤:「まともなこと言えよ〜!」

杉内:「どっちですか?」

野々村加藤:「どっちも(笑)」

杉内:「どっちもやるんですか?!俺が(笑)」

一同:(笑)

野々村:「やっぱり主将メインなのでね!」

杉内:「学生コーチの野々村柊と加藤大樹です。」

選んだ理由は?ーー

杉内:「やっぱり副将か学生コーチというところで副将の2人が予定があるということなので学生コーチにさせてもらいました。」

初めてあった時の印象は?ーー

野々村:「初めてあった時は結構無口であったので人見知りなのもあったのかもしれませんがクールやなぁというイメージでしたね。」

加藤:「印象としては似てしまうんですけど自分からパッと開いてる感じはしなかったですね。人見知りという感じで。」

主将からみて2人の第1印象は?ーー

杉内:「第1印象?!うーん。第1印象ですか…。(苦し紛れに)覚えてないです…。」<o:p>

野々村:「記事にならないやんけ!(笑)」

杉内:「覚えてないですね...(笑)」

杉内さんが主将になった経緯を学生コーチから教えてくださいーー

野々村:「一回生の頃からリーダー的な役割をしていてくれて学年が上がっていってもそのままリーダーをしてくれていたので...。」

聞き手:「なるべくしてなる人という感じか?」

野々村:「そうですね!」<o:p>

加藤:「副主将を今やってくれている人も主将候補に挙がってはいたんですけど新チームが始まる前に幹部ミーティングで話した時にまぁ試合にも出ててリーダーシップを張れるという事で全員一致で決まりましたね。」

今のチームの雰囲気は?ーー

杉内:「気分屋が非常に多くて。いい時はめちゃくちゃいいんですけど、悪い時はめちゃくちゃ態度に出て好き勝手にやられることがありますね。」

聞き手:「学生コーチからみてもそうか?」

野々村:「そうですね。試合の結果の波によって行動に出てしまったり、感情のコントロールができない人が多いですね。」

加藤:「今のAチームは4回生の数が少なくて3回生が多いのですが、3回生はすごい盛り上げてやってくれているのですごい助かりますね。」

期待してる選手は?ーー

杉内:「学年関係なくですか?」

野々村:「俺は杉内!(即答で)」

加藤:「僕は4番の松本です。」

杉内:「4回生ですね。やはり少ないながらも4回生が1番苦しい場面に当たると思うので。1番上がいい結果を出すと自然にチームの雰囲気も良くなると思うと自分では思います。優勝に近づけると思います。」

4回生の仲は?ーー

杉内:「最初は悪かったというか。推薦組と一般組で分かれていて。自分はキャンプから参加したんですけどその中でも硬式組と軟式組で中高仲よかった人とかがバーンといて分かれていて。自分も一歩引いてって感じでした。2年から?」

野々村加藤:2年の終わりくらいかな?」

杉内:「そこで全員で飯行って急にそこから仲良くなったという感じでしたね(笑)。」

聞き手:「その時の学生コーチ組は?」

加藤:「僕たちは学生コーチの先輩もいらっしゃったので学生コーチとしてひょっこり付いて行ってる感じでしたね(笑)」

一同:(笑)

入学前のお互いの面識は?ーー

加藤:「知ってましたね。」

野々村:「テレビで見てましたので(笑)。」

加藤:「あの清宮に甲子園で初ヒット初打点を献上している人なので!」

聞き手:「有名人という感じですか?(笑)」

杉内:「有名人ではないです!()たまたま皆んなが清宮を見ようとテレビをつけた時にピッチャーだったのが僕だったというだけの話です(笑)」

主将はプライベートとグラウンド上での違いはあるのか?ーー

野々村:「めちゃくちゃあります!!!(爆笑)めちゃくちゃあります!!!プライベートは簡単に言うとガイジです(笑)」

杉内:「ガイジは言いすぎやろ!()記事ならんやんけ!(笑)」

加藤:「お茶目なんですよ。後輩と走り回ったりイタズラしたり!ボール当てたり。(加減はしますよ()荷物バーってやったり(笑)」

聞き手:「イタズラの標的の後輩はいるのか?」

杉内:「いやぁ。特には...。」

野々村:「無差別なんですよ()杉内だけグラウンドとプライベートのちがいがありますね()」

聞き手:「他の選手にもそういった人はいるのか?」

野々村加藤:1番杉内がちがいますね…()」

杉内:(爆笑)

野々村:「一回ふいにグラウンド見に来てください()」

最終学年としての思いは?ーー

加藤:「まぁ優勝してやっぱ神宮に行きたいです。ここ三年行けてないので。」

野々村杉内:「ん?(笑)」

加藤:「違う違う!入部してからね!自分が13回生までの時はそういう思いそこまではなかったんですが4回生になるとチームへの思い入れが全然違いますし絶対優勝したいという気持ちはあります。」

野々村:「まぁ一緒で。チームの目標にも掲げているリーグ戦優勝、神宮に行くことを1番の目標としてます。最終学年になってやっぱり勝利への思いも今までの3年間とは全然違いますし。最終学年みんなでいい思いしたいというのは思っていますね。」

杉内:「今まで野球をずっとやって来てて、ここまだ負け続けるのは初めてで。大学入ってなんでこんな負けてるんだろ。負けるのは飽きたっていうか。勝って次のステージに繋げたい。リーグ戦優勝して何かやり遂げたって言える事があればこれからの人生にも繋がると思いますし。自分らの学年だけではなくて、こうはいにもよろこんでもらえるような。優勝して神宮行って喜んでもらうっていうのが自分らがするべきことだと思います。」

 

選手と学生コーチ。お互い果たすべき役割は大きく異なるが、リーグ戦を優勝し、その先の「神宮」の舞台へ目指す目標は同じであった。最終学年としての覚悟、気合、そして仲の良さが終始感じられた対談であった。残されたリーグ期間、個々の課題・目標を胸にいだき戦う。(聞き手:川瀬 蒼、撮影:大石きらり)



〇プロフィール

杉内 洸貴(すぎうち・こうき)(法学部4年主将/ショート/今治西高校/172㌢・72㌔)

野々村 柊(ののむら・しゅう)(スポーツ健康科学部4年/学生コーチ/鳥羽高校/174㌢・63㌔)

加藤 大樹(かとう・ひろき)(理工学部4年/学生コーチ/向陽高校/178㌢・70㌔)



【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について