同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
主将セレクション2019 : 準硬式野球部
主将セレクション「準硬式野球部」

準硬式野球部主将セレクション2019年を語る

悠人×佐藤斗×下須﨑

「全員でつかむ勝利」

左から竹内悠人(商3)、主将・佐藤唯斗(スポ4)、下須﨑太一(文情3)



なぜ2人を選ばれたーー。

佐藤: どちらもチームのムードメーカーとしてチームを率いてもらっていますし、次の代の主軸として活躍してくれると期待してるメンバーなので呼びました。


竹内:その通りです。


一同: 笑笑

 


佐藤さんはどんな主将ーー。

下須﨑: やっぱ背中で語るっていうかずっと試合出てる方なのですごい頼もしい存在だなって思ってます。


竹内: 高校時代もキャプテンされて甲子園も出てて1回生のときから試合も出られてて発言力のある、影響力のあるいいキャプテンだなと思います。


佐藤: 照れるなあ


竹内: お世辞はこの程度で


一同: 笑笑



準硬を選んだ理由――。


竹内: なんですかね。全部ちょうどいいというか。僕あんまり高校でうまい選手ではなかったのでレベル高すぎず低すぎずでいい塩梅でできるかなと思って選びました


下須﨑: 僕も高校時代燃え尽き…なんていうのかな


佐藤: 燃え尽き症候群?


下須﨑: んー、燃えきれなかったんで高校野球でやりきった感もなくて強い高校でもなかったのでそういうとこで準硬式野球部に先輩が入ってたっていうのもあって雰囲気も知れて、バイトとか学生生活と両立できるっていうのもいいなと思って入りました。


佐藤: 俺が一番かっこいいこと言うけど大丈夫?


一同: 笑笑


佐藤: 俺は高校の時はプロ目指してたから


一同: おー。


佐藤: 怪我でドラフトないってなって大学入って1年はちゃんと直してからじゃないとプレーしちゃダメと言われてたから俺の性格上無理だし、だったら野球を全部諦めて選手主体でやりたいなって思ってそこで同志社とかで。準硬式はほぼ選手主体だからっていうのがあったかな。野球はやめたくなかったし。一番かっこいいっしょ。


竹内:まあ僕もプロは目指してたんですけど。


一同 :笑笑


佐藤: みんな野球好きなのは共通よね。


竹内: そうですね。


下須﨑:それが一番。やっぱみんな野球好きって思いで一番それを表せるところが準硬かなって。



主将、ムードメーカーとしてチームを動かしていく中で感じること――。


佐藤: いいよお前らから。


下須﨑:ぼくはムードメーカーというか今はコーチという立場でベンチに入れてもらってるんですけど、自分がまず必要とされてるところが1番前に立って声出してチームを盛り上げるのとか、たわいのないところで笑いっていうか、まあ僕のキャッチフレーズが「ツッコミの各駅停車」って言われてるんでこの隣にいる竹内がしょうもない小ボケを挟んでくるんでそれにいちいち対応していくっていう、場を和ますことは意識してこのリーグ戦やってます。


佐藤: 全部言われたな。


竹内: 悔しいなあ。模範解答言うてもうたからな。


佐藤: はよせい。


竹内: ちょっと待ってくださいよ。僕もキャラで、でもベンチは実力で入ったんですけど。


佐藤: そうやな、それは間違いない。


竹内: でもそういうキャラもあるんで、苦しい時に笑顔にさせたりとか前向きな声を出せるようにしていきたいなと思いますね。


佐藤: うーん、チームを運営する上でやっぱ団体スポーツなので高校でキャプテンやってて大学でも一緒のこと思うんですけどやっぱ価値観が違うかなって。一緒だったら簡単じゃないですか。目標に向かってって。でも違うのを同じベクトルに合わせるって言うのがめちゃめちゃ難しいなって思いますし、難しいながらやりがいを感じるというか。小学校からキャプテンやってる中でやっぱりそこにたどり着いちゃうのかなっていう。価値観をどうまとめるかってとこに難しさと楽しさとやりがいがあって。



具体的に価値観を同じ方向に向けるためにやってること――。


佐藤: そうですね、幹部がわかってないと対応もできないですしそれぞれ価値観をわかるためにもアンケートとか個別面談したりトップダウンよりはボトムアップっていうので下の意見は大切にしてます。そこで信頼というかめちゃ難しいですけど幹部のためにとかって思ってくれれば力を発揮してくれるんじゃないかなって思ってました。


下須﨑: たしかに普段試合に出れない選手の意見も取り入れて練習とかに反映してもらったり下の声をよく聞いてくれるならと感じます。


佐藤: こうして欲しいとかないん?


下須﨑:こうしてほしい…うーん。


佐藤: ないならいいけど。


竹内: 完璧なんでしょうね。


下須﨑: うん、完璧だから出てこない。


佐藤: 自信持っとこ。



練習じゃないときの関わり――。


竹内: オフの時はだいたい準硬の人らといますね。


下須﨑: ゆいとさんにもご飯連れて行ってもらったりとか。さすがです。


佐藤: 連れて行かないかんからな。


竹内: 金はあるんでこの人。


佐藤: ないよ別に。


竹内: 入って2秒でポールスミス買いませんよ。


下須﨑: 2秒でポールスミス。


佐藤: まあおもしろいエピソードはこれくらいですよ。


竹内: まああとでこっそり。


一同:笑笑



日本一を意識してやっていること――。


佐藤: やってることっていうかリーグ優勝目指してやるのと日本一目指してやるのと絶対見えるもの違ってくると思うんですよ。だからこそやるからには取りたいじゃないですか。1位は。特別にやってることじゃなくて日本一になるためにやるべきことがあるだけで、意識が違うだけですかね。な。


下須﨑: はい。


佐藤: 俺1回黙っとこか。どう竹内。


竹内: 他のチームと違うことといえば、僕の2つ上の方が日本一なって、1つ上…


佐藤: 3つ上が日本一な。


: わ、ミスった。そういうとこや。


下須﨑: こういうボケを挟んでくるんで対応しなきゃいけないっていう笑笑


竹内: 僕らの3つ上の方が日本一になられて、2つ上の方も全国に出られて僕らは入ったときから常に全国に出れるチームっていうか。なんで、引退された先輩の笑顔とかもすごい覚えてますし、日本一になってすごい楽しそうだったのでまあ意識として日本一になりたいというのは強くなりました。


佐藤: まあ要約すると意識が違うってことかな。


一同: 笑笑


竹内: ぎゅっとするとそうです。


佐藤: まあ1つだけ違うのは他のチームはバンと大きい目標を立ててると思うんですけど僕たちはその過程の目標を細かく立てて大切にしてるので、モチベーションとかのためにもそっちの方がいいのかなと思うので。まあ他のチームがどうかはわからないですけど。


下須﨑: 日本一、たしかに僕の野球人生の中でそんなこと言うのも恥ずかしいようなところでやってたのでそれを目指せる環境でやらせてるもらえるだけで嬉しいですし、日本一掲げてやってるので僕らもただゆいとさんのチームについていくだけというか負んぶに抱っこじゃないですけどこの練習をしてれば勝てるといい意味で自信につながってるし、日本一掲げて戦ってるっていうのがやっぱ他と違うかなと思います。



4年生と後輩の関係――。


佐藤: 僕ら4年生がいないときはこいつらの代でちゃんとやってくれてますし、4年生が引っ張る軸と後輩が引っ張ってくれてる軸があるので全員やるべきことはわかってるのかなと。就活とかあってもチーム状況は変わらないと思います。


下須﨑竹内: …。


佐藤: セレクトミスした〜。


一同: 笑笑


下須﨑: 慣れてないんでしゃーないです。全然思いつかへん。


竹内:まあでもゆいとさんいなくてもやっていけるので。


佐藤: 多分今のボケっす。


一同: 笑笑


竹内: 僕秋リーグもベンチ入ってなかったんで、4回生の分まで今回入れなかった4回生の分まで頑張ろうっていう気持ちにはなります。


下須﨑: たしかにまあ僕もこうやって前に出て声出せるのも4年生が良くしてくれて僕も4年生のために頑張ろうと思うのでこの4年生と一緒に日本一の景色を見たいなって思います。


佐藤: 本当に思ってるか?


下須﨑竹内: ガチです。


佐藤: ふつうに会話したらええねん。いつもみたいにしゃべれ。



いつもどんな感じなんですか――。


下須﨑: 僕がすごいいじられるんでそれになんやなんやってツッコまないかんのでほんと練習終わりクタクタで、野球してるよりツッコんでる方が長いんじゃないかっていうくらい。同期からはそんな感じなんで助かってるんですけど。小松とかたいせいにも声かけてもらってるので感謝してます。


佐藤: 固い固い。いっつもどうなんって。


下須﨑: はい、いじられてます。でこいつはずっとボケてる。おもしろいことあったらパッときてパッとボケるって感じ。


佐藤: いつもこんなんじゃないんですけど。


竹内: ちょっと振るわないっすね。



今後の意気込みーー。


下須﨑: 日本一になるにはっていうのを掘り下げて行ったら春リーグ優勝が近いと思うので、試合で活躍できるとかではないですけど、日本一の目標に向けて少しでもチームの力になりたいのでどんな形であれ僕は声を枯らすだけだと思ってます。


竹内: 僕は試合に少し出させてもらって練習試合とはやっぱり違う雰囲気だったのでまあこれから守備固めとか代打で結果出してスタメン取りたいです。


佐藤: リーグ戦は優勝目指して個人としてもチームを引っ張るというか同志社といえば佐藤唯斗と言われるように結果も追い求めたいですし、勝って全員で喜べるチームを作りたいです。


対談から学年を超えて仲のいい準硬式野球部の素顔を見ることができた。明日のリーグ最終戦、チーム一丸となって勝利をつかみにいく。(聞き手:久保友紀恵、内藤界)


○プロフィール


佐藤唯斗(スポーツ健康科学部4年/外野手/花巻東高/188㌢・80㌔)

常に前向きにチームを導く頼れる主将。


竹内悠人(商学部3年/外野手/須磨学園高/172㌢・60㌔)

同志社準硬の絶対的ムードメーカー。


下須﨑太一(文化情報学部3年/内野手/清教学園高/169㌢・63㌔)

大きな声援で勝利を呼び寄せる「ツッコミの各駅停車」。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について