同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔い残るも課題見えた
2連勝の裏に見えた課題[J...
2019年度秋季リーグ開幕...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
主将セレクション2019 : 柔道部
主将セレクション「柔道部」

柔道部主将セレクション2019年を語る

松本太郎×山地

「個性を大事に」

左から松本、山地



主将になった経緯


松本:去年も副将をしていたので、そのまま持ち上がった感じですね。



主将、主務として互いにどのような印象か


松本:(山地は)しっかりしていて仕事が早い。自分が決定して彼女が動いてくれる。頼りにしています。

山地:ありがとうございます笑笑

(松本)は物事を決めるのが早いですね。そのおかげで私もスムーズに動けます。



今年のチームの雰囲気


松本:今年の雰囲気は、自分1人がチームを引っ張っていくというよりは全員で一つの目標に向かって努力していく感じです。

山地:私もそう思います!1人がというよりみんなで同じところを目指して練習しています。



同志社の強み


松本:同志社の柔道部は個性を大事にしているので、同じ目標に向かいながらも、それぞれが自分で(練習方法などを)考え柔道ができるところです。

山地:文武両道なところですかね。



今後のチームとしての目標


松本:団体で関西優勝することです!



—今後どのようなチームにしていきたいか


松本:個性を大事にしながら全員で高みを目指すことのできるチームにしていきたいです。

山地:私も同じです。影でみんなを支えていけるように頑張ります。



ありがとうございました。


新体制になりより勢いを増した同志社柔道部。5月に待ち受ける関西大会に向けて今一度技を磨く。(聞き手:雄島未来)


プロフィール

松本健太郎(社会学部4回生/主将/100kg級)



山地里沙(文化情報学部4回生/主務)



<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} p.p3 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 15.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}


【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について