同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
勝利の中に新たな課題が[ハ...
接戦見せるも1中差で敗北
2019年度秋季リーグ開幕...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
主将セレクション2019 : 自動車部
主将セレクション「自動車部」

自動車部主将セレクション2019年を語る

浦野×川端×和田

「これからの自動車部」


左から浦野、川端、和田


◇新体制の雰囲気

浦野:新体制の雰囲気は正直寂しいかな。

川端:もっと盛り上がって欲しいってこと?

浦野:というか俺が自動車部に入って面白いと思ってた自動車部の雰囲気は今は正直薄れている。上回生の雰囲気が好きで入ったから今その上回生が卒業してるし今おるのは現役生と下級生で構成されている。俺が好きで入った自動車部の雰囲気とは変わってくる。今の雰囲気に慣れていないだけかもだけど。

川端:そうやろな笑

浦野:寂しく感じるかな。

和田:その雰囲気とは?

浦野:なんか試合中にヤモリ捕まえてみたり。

一同;笑

浦野;ガチなやつやで笑

和田:自動車部の活動だけやるんじゃなくて日常楽しむような?

浦野:でもやるとこちゃんとやるみたいな。やるとこちゃんとやってなさそうにしてちゃんとやってるみたいな。そんな感じかな。

和田;すごい絶妙なバランスを保っている先輩方でしたね。その点は僕も同意します。

川端:一部がちゃんとやってて一部がやってないみたいな雰囲気。

和田:やねんけど全体でみるとみんなをつなぐキーパーソンがいたりするんですよね。全体の中でボケとツッコミのバランスがいいみたいな。

川端:笑

浦野:今のところは同回仲もあんまつかめてないし、下級生もいまいちわかってないところがあるからなんかこう寂しいなって感じかな俺は。


◇主将になった経緯

浦野:主将になったのは俺が決めたことじゃないから分からんけどなんやろな笑

川端:周りがずっと見てきて先輩と仲いいから。

浦野:それはそうかな。多分俺は先輩とよく喋っとった。同期の仲では一番。

川端:あと自動車部で一番ガレージにおるから部内の内情をわかっている。いろんな事件を知ってるみたいな笑  事件っていうか出来事笑

浦野:そういうとこかもしれん笑


◇主将をどう思うか

和田:非常に評価しているって言ったらいいですか笑 評価はしてます笑 初め全然主将やる雰囲気なくて主将やだって言っていたわりには主将として機能しているように思います。僕もたまに叱られるんですけどそうやって叱ってもらえるとそんなこと考えてたんだとこっちが考えさせられます笑 主将の下につく身としてちゃんとせなあかんなって思います。

川端:主将として色々悩んでいる。先輩に意見聞いたり部内の雰囲気を感じ取ってやってるからいいんじゃないんですか笑


◇新体制になり掲げた目標/どのようにやっていきたいか

浦野:目標か?笑 俺は別の質問でも行ったけど自分が好きになった自動車部の雰囲気でやりたいかなって俺は思う。変に真面目に勤勉よりも楽しそうに遊ぶかのようにやらなあかんことをやってる奴の方が普通じゃない奴感があって俺はいいかなって思うからそういう組織でやっていきたい。

川端:なんかあれやな。ふざけてるやったらそれも全力でふざけるみたいな感じ?

浦野:そうそうそう。そんな感じでできたらなって

和田:どうゆうチームにしたいかって僕主務なんでみなさんをサポートする側なんですよね。サポートする上では円滑に進むようにしか考えていないのでそうゆう風に運営するかは主将に任せてます。

川端:基本主将に進めてもらいたいなーて。

和田:やっぱり楽しい方がいいので支えつつ、ふざけるみたいな感じでいきたいです。


◇チームとしての目標

浦野:俺の個人の目標は整備主任を支えれる整備力をつけたい。チームの成績としては去年の成績に負けないくらいのとこまで持っていきたい。やっぱり去年を上回るか追いつくくらいのレベルでやっていかないと去年はすごかったのに今年はいまいちやなって言われるのは嫌。俺は競技に熱心じゃないにしてもプライドに引っかかるから。やるなら去年に負けないか上回るくらい頑張りたい。

和田:僕成績残そうって立場じゃないんですけど唯一負けたくないって思ったのがフィギュアで同時期に始めたはずなのにタイム差がつくんですよ。それはさすがにやばいって思って大会でっていうよりまず部内の成績で自分が一番になりたいって思います。部内の選考会も大会でもですね。辻岡(経3)って奴なんですけど負けたらやばいなって。向こうも負けたくないって思ってるはずなのでそれがチームの強化につながったらいいと思います。

川端:個人の目標は去年いて卒業した寺内(理工卒)が男子中盤くらいの成績を残していてそれをかっこいいなと思った。自分もそういう男子に負けない気持ちを持って走れたらと思います。チームとしてはなんやろな笑 みんな積極的に練習してるし。

和田:女子の場合タイム差がつきやすいんですよ。個人で早ければ団体の成績も上がる。

底上げになるんで。なのでバンバン早いタイム出してくれれば。


新体制となった同志社大学自動車部。関西だけではなく全国の舞台で成績を残すべく、主将浦野を中心にチームを作り上げる。


◇プロフィール

浦野哲 理工学部機械工学科 大阪電気通信大学高等学校出身 愛車:セリカGT-four

川端舞 生命医科学学部医工科 同志社香里高等学校出身 愛車:RX-8

和田薫 理工学部機械システム学科 新潟南高等学校 愛車:デミオ

(聞き手・小田村克哉)


【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について