同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔しさ残る地力負け[ハンド...
つかんだ最高の結果!
'19秋の展望「...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
'19春の展望 : 日本拳法部
’19春の展望「日本拳法部」

日本一へ


熱い男たちの戦いがはじまろうとしている。昨年行われた全日本学生拳法選手権大会で男子団体4位と女子団体8位の結果を残した日本拳法部。昨年以上の結果を残すべく練習に励んでいる。


昨年の全日本学生拳法選手権大会


新チームを率いるのは平(文情4)だ。平は主将として、チームを日本一にするため日々思考を巡らせる。ただ勝つのではなく本当に強いチームにするため、基礎からの見直しをはかっている。また、「個々が強くなっていくためには、それぞれに合った練習をしないといけない」と語り、練習をこなすだけでなく意図までを考えるよう促す。個々がそれぞれの強さを生かせるよう練習に励んでいる。平自身は怪我で試合に出る機会が少なかったが、「早く強いところをみせたい」と気合は十分だ。大暴れ間違いなしの平に期待大だ。


試合前に円陣を組む選手たち


忘れてはならないのはこの男、佐竹(経4)だ。佐竹のプレーは一見むしゃらだが、その裏には策略が秘められている。体型が小柄な分、対戦相手を分析し、勝つための戦略を練っている。圧倒的な強さでチームを鼓舞するエース佐竹の存在は欠かせない。その他にも同志社には留学から帰ってきた三輪(商4)や原(経4)石本(経4)がいる。昨年から活躍し、チームを支えてきた4年生たちのラストイヤーから目が離せない。


一本をきめた佐竹


若い力にも注目だ。大学1年生から日本拳法を始めた安藤(法2)。2年目の今年は黒帯を締めて挑む。主将平からは、「団体メンバーの一員として頑張ってほしい」と期待を寄せている。自身も「とにかく勝ちたい」と勝利に対する強い意欲を見せている。絶賛成長中の安藤がその名をとどろかすこと間違いなしだ。


4月28日(日)には西日本学生拳法選手権大会を控える。日本一へと日々邁進する日本拳法部。主将・平を筆頭に新しい同志社の強さを見せつける。(平野紗有里)

【'19春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について