同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
悔い残る敗戦
西日本大会優勝‼立命大に完封勝利
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
主将セレクション2019 : 水泳部
主将セレクション「水泳部」

水泳部主将セレクション 2019年を語る

尾崎樹×有樹×芝

「過去2年間で1番強いチーム」

左から芝(文情3)、有賀(スポ3)、主将・尾崎(スポ4)



――対談相手の2人を選んだ理由は


尾崎「芝は、今年選手権切って、勢いに乗っているという部分で、有賀は、これからの成長を期待して、今日選びました。」


「普通に嬉しかったです()


有賀「結果で応えなくちゃいけないなと思いますね。」



――他己紹介をお願いします


尾崎「芝は、、、()んー、、、芝は簡単なのに()


有賀「じゃあ僕良いですか()。 芝は、同期なので、よく芝を見てるんですけど。仲良くて一緒にいるんですけど。いつもこんな、幼い顔って言われて、陸上ではヘラヘラしてるんですけど、やっぱり練習になったら人一倍ストイックに追い込むっていうギャップがあって、すごいなって尊敬する部分はありますね。」


「そんな()。 、、、ちょっとこういうの苦手なんだよな、、、()


尾崎「じゃあ俺から行くわ。有賀は、チームに欠けたらダメな存在だと俺は思ってて、その1つとして、ムードメーカー。チームで1番盛り上げてくれる。ふざけたり。でも反対に、練習中真面目に取り組んだり、人一倍、さっき有賀が芝に言った以上の努力をしてると思っていて。そうですね、、」


有賀「照れますね()


「照れるって()。恥ずかしい()


尾崎「まあ、ムードメーカー、真面目さ、あとやる時はやるっていうことに関してはもう有賀が1番すごいんじゃないかって。尊敬している部分でもあるし、すごいんじゃないかなっていう部分でもあります。」


有賀「ありがとうございます。嬉しいですね。」


一同「()


「あんまり長く話せないんですけど、友樹さんは、僕が見る中で練習を1番すごいストイックにやられていて、あまり話す方ではないんですけど、行動で見せるっていう感じで。行動でみんなを引っ張っていくっていう頼れる主将です。」


一同「()


「むずいねこういうの()



――皆さんはどんな関係だと思いますか


有賀「芝は、1回生の時から1番仲良くて、オフの時とかでも一緒に遊びに行ったりして。1番結構長く一緒にいて、まあ兄弟のような双子のような。いろんな話もして、水泳であったり、色んな所で一緒にいたんで。これからも一緒に水泳では切磋琢磨して、水泳以外では遊んだりとか、そういうのを続けていきたいなあと。友樹さんも、僕が入寮したときからの1個上の先輩ということで繋がりがあって。兄のような。でも自分とちょっと似てるようなところもあって、なんていうか、、」


尾崎「身長が?」


有賀「はい?」


一同「()


「身長は僕の方がちょっと高いんですけど。()


有賀「身長は僕の方がちょっと高いんですけど()。まあそうですね、僕の1個上の先輩方の中でも、特に親しみ深いといったらなんか違うんですけど、すごい一緒にいたいなと思う、そんな先輩でした。」


「僕もさっき有賀が言ったのと全く同じなんですけど、ほとんど一緒の関係で。本当唯一苦しいときとかに相談できる同期で。苦しいとき支えてもらっていた、そんな仲ですね。友樹さんは、ほんとにさっき有賀が言ったように、1個上で。」


有賀「ほんま全部一緒やんけ!」


一同「()


「まあ部屋主っていうこともあって、だいぶいろいろなことでお世話になって。水泳でも結構すごいので。自分より。すごい尊敬できる、お兄さんみたいな存在です。」


有賀「全部一緒じゃない?()


「いやいやちょっと言い方変えた()


有賀「確かに()


尾崎「僕は、、芝から。さっき言っていた、寮生活で同じ部屋で。部屋主、部屋子っていう関係で、その部分もあって、弟のような感じで僕からは思っていて、芝からは僕をどう思ってるのかわからないんですけど。」


「お兄さんです。()


一同「()


尾崎「まあ弟のように思っていて、練習面に関しても種目は違うんですけど、やっぱり2個上の先輩の主将だった蟹由さんが言われてたことで、『どの選手に対してもライバルであれ』っていうことを言われて。そのことを受け止めて、僕はもう種目違うんですけど、芝の専門のバックに対しても自分でひそかにライバルっていう意識をもって、練習中でも結構意識したり。有賀に対しても、中学から全国大会とか一緒に出てる、一緒の組で泳いだりしていて、その面でも後輩っていうよりライバルっていう関係が結構強くて、まあ私生活でも、芝とかぶるんですけど、弟。この2人はもう弟のような感じで僕は思っていて、結構。」


有賀「ありがとうございます。」


有賀「照れちゃう()


仲の良さが現れ、笑顔で対談する3人


――今のチームをどう思いますか


有賀「去年の、卒業された4回生のと比べると、やっぱり仲がいいっていうか。なんかその上下関係もすごい、いろんなこと話しますし、雰囲気がすごい楽しく明るく、でも全員が熱い気持ちもって練習しているなあっていうのは分かっていて。新しい1回生が入ってきて、またチームの人数も増えて、活気立ってるのもあるんですけど、今から夏場に向けていくじゃないですか。なので、今もすごい結構全員熱くなっているので、もっとこれから良くなっていくんじゃないかなっていう。僕はもう先輩方が大好きなんで。僕はチーム自体すごい大好きですね。」


尾崎「これからの話なんですけど、今のチームは過去2年間の中でも1番強いチームだと思っていて。その理由として、今は結果から見れば全然弱いチームなんですけど、その中で1人1人の持っているポテンシャルだったり、強みをしっかりと生かせれば、絶対過去2年間の前主将の橋本凌輔さんだったり、蟹由恭平さんのチームよりは絶対上にはいけると思うので。そういう面に関しては、過去2年間のうち1番強いチームになるのかなっていうのは僕の中にはあります。」


「ほとんど一緒ですね。」


対談を通して、DUSと水泳に対する熱い気持ちが伺えた。仲が良いだけではなく、ライバルとして互いを尊敬し、高め合える。「1番強いチーム」。そう言い切るのは容易くない。それだけに、迷い無く言い切る主将・尾崎の姿からは今のDUSに対する自信が感じられた。上昇志向にあるチームは、尾崎を筆頭に日々成長し続けている。(聞き手:泉美咲、鈴木有利紗)


 

<プロフィール>

尾崎友樹[主将]

165.9/62.2/浪商高校/スポーツ健康科学部4年/マイブームは前まではホラー映画。今は就活


芝洸太

169.7/63.3/名古屋高校出身/文化情報学部3年/マイムーブはEDM


有賀樹

166.7/65.8/小松市立高校出身/スポーツ健康科学部3年/マイブームは録画したテレビを一人でぼーっと一気見すること

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について