同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
'19ルーキー特...
長い戦いの末、全国ベスト1...
38年ぶり!上岡・三輪ペア...
‛19ルーキー特集:奥野義...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
主将セレクション2019 : トライアスロン部
主将セレクション「トライアスロン部」
トライアスロン部主将セレクション 2019年を語る
西村駿佑×越智平×原口
「チーム力で戦う」
左から 越智(法3)、西村(法3)、原口(生命2)

聞き手:なぜこの二人を選ばれましたか?

西村:去年は前エースと次エースということで、今年は同じトピックでできないので違うことを。と考えたときにやっぱり去年の主力のメンバーを考えたときに卒業した人がほとんどで、これから今年の目標としてはチームの再建という事を目標に頑張っていて、その中でやっぱり今年度活躍できそうな2人という事でこの2人にしました。

聞き手:では、他己紹介をお願いします。

越智:駿佑はまあチームの中でも圧倒的に競技力が高くて、そういう面でも主将に選ばれたんやと思うけど、まあちょっとポンコツな部分もあったりして可愛い一面もある感じです(笑)好きなものはいちごオレかな。

西村:まあ原口は一回生の頃から経験者という事で、スイムも早くて最近ラン、バイクも着実に上がってきていて間違いなくチームの主力になると思っています。チームの中では一回生ながらもすごい盛り上げ役でどんな時でもしっかりと声を出してチームの雰囲気を盛り上げてくれる役割をすごい果たしてくれていると思います。その反面、プライベート面では、社交的イメージがあるのでその調子を活かして、いろんな人と話したり二個上三個上の先輩関係なく和やかに話せるという調子を持っています。好きな食べ物はラーメン。ラーメン屋さんのスタンプラリーがあって、それが二週間くらいで神戸だの大阪だの行くほどのラーメン好きです。好きなことは多分やけど、他の女子のことをちやほや言うことが好きなことだと思います。(笑)

原口:いやいやいやいや、悪いな~(笑)

越智:まあ間違いではない(笑)

西村:とにかく、他の女子を見ることが好きだと思います。

原口:これ文字に起こされるのめっちゃ恥ずかしい(笑)

西村:そういう面もある選手だと思います。

原口:将平さんは一言で言うならとにかくバイクが早いという方で、バイクだけではないんですけど今は将平さんが教育のパートリーダーとして部活内で活動されていて、その中で一回生に対しての指導であったり、部活の練習だけではなくて生活面とかでの教育を結構口うるさくしてくださる方です。好きなものは、自分は直接聞いたことはないんですけどめちゃくちゃシスコンっていうことを。

越智:いやいやいや、嘘やいうねん(笑)

西村:あの、妹がいるけどめちゃめちゃ好きで(笑)

越智:いやちゃうて(笑)

西村:小さい子が好きという(笑)

越智:ちゃうちゃう、ほんまちゃう(笑)

原口:主将セレクションの他己紹介で将平さんやったら何話そうって一回生で話したんですけど、シスコンとロリコンしかないよなって(笑)

越智:いや、マジで(笑)塾の送り迎えとかをしてたらそういわれるようになっただけです。

原口:優しいですね。

聞き手:お互いの第一印象を教えてください。

越智:第一印象か。

原口:駿佑さんは全然しゃべらない人だと思いました。

越智:確かにムスッとしてた(笑)あんまノリよくなさそうやなって(笑)

西村:マジで?

越智:ちょっとコワモテやから。

原口:最初将平さんは怖かったかな。最初多分会ったのが7月の総会の時で、その時にめっちゃ意見されてて、めっちゃビシバシいう人やん、怖いって思ってました。

越智:そんな言ってたっけ俺。

西村:最初会ったのが違うサークルの新歓ですごいなんか大学デビューしたそうなイメージでした。

越智:いや間違ってはない(笑)

西村:違う新歓で会ったときにすごいこいつ盛り上がってんなーみたいな感じでした。

越智:調子乗ってたしな(笑)
原口はトライアスロンやってた子が来るっていう噂があったから探り探りやってんけど、顔だけ見たらあほそうやなって(笑)

西村:あんま性格とか気にせずにめちゃくちゃ上半身割れてるなって。あとはあほそうな顔してるなって(笑)

原口:顔はほんま第一印象ですね(笑)

聞き手:プライベートでは遊ぶとかありますか?

原口:この前将平さんとラーメン行きましたよ。

越智:全然行きますよ。

西村:全員で行くことはないんですけど、その場の雰囲気でだれでも参加できるよみたいな感じで誘って行けるやつはどんどん行くっていう雰囲気はありますね。

聞き手:去年と今年のチームの変化を教えてください。

越智:部の決まり事とか結構あるんですけど僕はそういうのを指摘する係で、去年よりは締まりが出てきたかなって思います。まあこのままいけばいいなって思います。

原口:一人一人が部活に対する姿勢が変わってきたと思います。一つの練習にしても今までの集中度合いとは確実に変わっていて、メニューを渡されたからそれをやるっていうわけではなくて、それをいかに自分なりに工夫して自分の弱点を見つけて取り組むっていう姿勢が違ってきてるのじゃないかなって思います。特に一回生に関してはそう思います。

西村:自分が思ったことは、選手は自分から物事を考えて自主的に練習内容を考えるようになったことと、コミュニケーションが去年より活発化されてるなと思ってます。

聞き手:これからの一年間個人としてとチームとしてどのようにしていきたいか教えてください。

越智:個人では、去年大雑把に言うとあんまりいい成績は残せなかったので、チームの代表となるような成績を残したいと思います。チームとしては競技力だけ見たら四回生が抜けてすごい落ちてしまってるんやけど、それに負けじとチーム力で勝つっていうのが今年の目標で、そういうチームになっていれば僕は良いと思います。

西村:個人の目標としては、昨年出たインカレで15位以内を目指してチームのエースとして引っ張っていくことと、今年は日本選手権の出場と完走を目指しています。自分がトライアスロンに入った時から日本選手権は最終目標として部活にずっと励んできたので、来年は就活もあってうまい具合に練習できないので、今年が正念場やと思うので自分の最終目標に向かって練習に励んでいきたいと思います。チームの目標としては、自分は主将なので、これからのチームのためにまずは土台作りとして、根本的二チームの見直しをして競技力だけでなく道徳的な部分からしっかりと、インカレでしっかりと実績を残せるようなチームを。小さいことであったり。例えば挨拶は基本中の基本ですけど、今までは結構あやふやになっていて、やっぱり全国大会で勝っていくのは、それなりのモラルは守っていくべきですし、これから社会に出ていきためにも必要ですし、そういった面でも競技力以外の面でも強化しつつ、コミュニケーションをしっかりと取ってチーム一丸となって去年よりいい成績を残せるようにしていきたいと思います。

原口:個人的な目標としては日本選手権出場、国体出場、インカレ団体入賞メンバー入りを掲げて練習に取り組んでいて、その目標を達成するうえで自分がDUTCでエースになることが必須で、院二回生の稲葉さん、駿佑さんがDUTCのゆるぎないエースとしていて、そのほかにも大会でいい成績を残してる選手はいるのですけど、どの大会でもいい成績を残すっていう選手がその二人で稲葉さんももうすぐ卒業されて、稲葉さんが卒業してもこいつにはDUTCを任せられるっていう人間に、絶対的なエースになりたいと思います。チームの展望としてはこれから新しく新入生が入ってくるのでやっぱりトライアスロン部は未経験者がほとんどのスポーツなのでしっかりその子たちにも先輩としてイロハを教えて、DUTCの伝統を受け継げていけるっていう先輩になりたいです。

チームの主戦力であった4回生が抜けた今、DUTCはチーム力で勝負する。チームの雰囲気が良くなりつつあり、代替わりしてから普段の練習から意識が変わっている。また、競技力だけではなく、普段の生活面の小さなことから徹底し直し、上を目指し続ける。(聞き手 清水愛結花 中島右京)

西村駿佑(法学部3年生/同志社国際高校)
今年度主将を務める。DUTCのエースとしてチームを引っ張る。

越智将平(法学部3年生/同志社高校)
バイクを得意とする。教育係のパートリーダーとしてルールを徹底する。

原口大空(ひろたか)(生命医科学部2年生・鹿児島県立甲南高校)
トライアスロンの経験者として入部。好きなことはラーメン巡り。

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について