同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
格上相手に3失点[サッカー...
反撃惜しくも敗北を喫す
4年生が語る主将、チームへの思い
眞壁更紗・富田真結
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年5月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション2019 : サッカー部
主将セレクション「サッカー部女子」

サッカー部女子主将セレクション2019年を語る

高瀬ひろ×不動×横山

「粘り強く、あきらめない」


左から、高瀬(スポ4)、不動(スポ4)、横山(スポ4)


――対談相手に二人を選んだ理由を教えてください

不動「最高学年になって、三人しかいない中でこれからチームを支えて行ったり引っ張っていく上で大切な存在であって、チームの中でも大切な存在になっていくかなーと思って二人を選びました。」


――主将はどうやって決まりましたか?

不動「なかなか決まるのには時間がかかりまして、全員でミーティングをしたりしたんですけどそこでも決まらなくて、コーチと一対一で選手全員が話して、いろんな意見を聞いた上で、コーチが決めました。」


――お二人から見て不動さんはどんな主将さんですか?

高瀬「しっかりしています」

横山「だね~」

高瀬「しっかりしているし、めっちゃ周り見ているから、チーム支えてくれるよね、キーパーっていうのもあるし」

横山「そうそう、後ろから一番見えるポジションだし」

高瀬「試合の時でもそうだし、あきの声が頼りになったり、いろんな面で引っ張ってくれる」

横山「そうそう。チームが円滑に進むようにサポートして、働いてくれている」


――逆に不動さんから見てお二人はどんなプレーヤーですか?

不動「全く違うタイプなんですけど」

横山「全員違うもんな(笑)」

不動「そう(笑)全員本当に違うタイプで、三人揃ってめっちゃいい形になるみたいな感じなので。横山は、本当に支えてみんなの意見を周りから聞いて、一つ一つ丁寧に答えてくるっていうタイプ。ちひろは、雰囲気を明るくしてくれて、周りとのコミュニケーションもたくさんとって明るくしてくれるし、でも二人ともいろんなところで努力していて、チームのことも気にかけてくれる。」


一同「(照笑)」


――チームの雰囲気は前と比べてどうですか?

高瀬「毎年毎年、初心者と経験者、ほんまにいろんな子が入ってくるから、ガラッと変わるよりかは、メンバー増えて盛り上がった感じがする」

不動「本当にすっごいたくさん入ってくるっていうチーム状況ではないので、その中で何人か入ってくれた子たちが、この雰囲気に馴染んでくれたらなっと考えて、本当に仲良くチームワークを大切にやって行ってますね。」


――どんなチームにしていきたいですか?

不動「私はもちろん勝てるチームにしていきたいと思っている。私たちが1年生のころに比べたらけいけんしゃのほうがふえていて、自分たちがついていくほうに回るくらい少しずつレベルも上がっているし、初心者の子たちも自主練とか繰り返して、うまくなっていくのがわかっている中で、やっぱりみんな勝つことを目指しながら頑張っているのが見受けられるので、勝つことを目標に、でもチームの方向性としては乱れずに、みんなで同じ方向を向いて頑張れるチームになれればなと思います。」

横山「勝ちを目指す中で、みんなで切磋琢磨して、いい刺激を与えあっていけたらなーと考えていて、であと個性豊かなメンバーがいっぱいいるので、その個性を大事にじゃ ないんですけど、みんな色んないいところを持っているので、それをお互いに感じあって、吸収できたらなって思います。」

高瀬「すごい似るんですけど、確実にチームとしてレベルアップしている中で、目標を高く持って行って、強いチームになりたいなっていうのもあるし、でも今までずっとそやったけど、個性的なメンバーでチームのカラーっていうのは大事にしながら、どんどん全員で強くなっていけたらいいなと思います。」


――今年になってここは新しくしたとかありますか?

不動「コーチが変わったんで、すごいなんていうか、、」

高瀬「家族じゃんって話を」

横山「距離が近まったかな」

高瀬「例えば、ラインのノートで練習メニューとか思ったこととかの日記を一日一人ずつ回すとかは今年から始まった取り組みで、結構みんなの思いとかいろんな意味で知れるようになった。」

不動「合宿とかも増えたし」

高瀬「そう増えたな」

不動「全部一緒なんですけど、距離が近くなる経験というのが増えたかなと思いますね」

高瀬「そやなー(笑)」

不動「ミーティングとかもそうやし~」

一同「ミーティングもそうやね~」

横山「話す機会が増えた。」

不動「で、みんなでなんでも言える関係になろうって、学年問わず。そういうのを意識するチームにしようっていう雰囲気ができたので話し合う機会はすごく増えたし、人の意見を聞く機会っていうのはすごい増えたかなっと思います。」


――チームスローガンはなにですか?

不動「ちょっとー」

一同「(笑)」

高瀬「思いきって言ったら(笑)」

横山「とっておきの言葉考えたから~(笑)」

不動「恥ずかしすぎる言いたくない~(笑)」

横山「前置きまで言うね。あきらめないっていう粘り強いっていうのを自分たちの特徴だと思っていて、そのNever give upっていうのから、ひねって工夫して、、どうぞ

不動「ねば~るギブアップ。男子チームの目標が「未来に粘る」っていう同志社サッカーを作る基盤になるっていう根を張るっていう意味と粘り強く戦うっていう意味を込めて、サッカー部全体の目標になって、それを踏まえて女子チームでは自分たちが粘り強く戦うっていうのもあるし、あきらめずに戦うっていのも大事にしてきたので、二つかけ合わせたらなんかいい言葉になるかなーって考えたときに、ネバーギブアップ、、ねば~るギブアップみたいな感じでそうなりました(笑)」


――最後に、春季リーグの目標をお願いします

不動「今季の目標は、上位トーナメントに出場するということです。一部を目標にするという案もでたんですけど、そこを目指すうえで確実に通らないといけない道っていうのが上位トーナメント進出なので、目先の試合一つ一つに対して確実に勝利を掴んでいくという意味を含めて、近い目標であったほうがみんな目に見えやすい目標なんじゃないかってなって、上位トーナメント進出になりました。」


いよいよ不動率いる新チームが始動する。前年度は一部昇格に向けて負けられない試合が続いていた。だが今チームは、一戦一戦を大切にし、上位トーナメント進出を目標に掲げる。

同志社らしい粘りと、志の強さで格上相手にも果敢に立ち向かっていく。(聞き手:大石きらり・酒井華奈)


不動晶穂(スポーツ健康科学部4回生/GK/北陸学院高校出身)


横山琴野(スポーツ健康科学部4回生/DF/藤枝東高校出身)


高瀬ちひろ(スポーツ健康科学部4回生/MF/四條畷高校出身)

【主将セレクション2019バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について