同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
'19夏の展望「...
岡山大に6点差で圧勝
夏合宿最終戦、勝利で飾れず
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集 : 硬式野球部
松川桃子・辻中亜季

2019年度同志社硬式野球部裏方紹介

松川桃子

「豊かな経験を生かし、チームを鼓舞」

2歳から小学生まではクラシックバレエ、中学・高校時代はスキー部でプレーヤーとして多彩なスポーツを経験してきた。大学では団体競技に属したかったということと、野球に興味があったことから硬式野球部のマネージャーを選んだ。マネージャーの仕事は選手と直接関わることがあまり無く、事務的なことが多い。そのため、やりがいを感じにくいところがある。「全ては選手やチームのため」と責任感や使命感を持って今までやってきた。仕事はキャンプ・遠征の手配や推薦書類の作成、様々な会議への出席など。学生のうちには経験できないことが多いため、精神的にかなり鍛えられた。松川は「昨年の4回生は福島さんを筆頭に『維新』をスローガンに今までと変えようとしてくれていた」と熱弁する。自分たちが最高学年となった今年、卒業生が変えてくれたものを維持していきたいと言う。昨年は福島という絶対的な投手がいた。今年はそのような選手がいないと危惧していたが、選手達自身が自覚しているから11人が強い気持ちを持っていると信頼している。4年生となり、最後の春の同立戦を迎える。今まで以上に仕事に精進してチームの優勝に尽力したい。

〇プロフィール

松川桃子(まつかわ・ももこ)

経済学部4回生

同志社女子高校出身

マネージャー


  辻中亜季

「選手に繋ぐ勝利への思い」

 優勝という大きな目標を持ち、毎日選手をサポートする、辻中亜紀。選手の活躍を近くで感じることができることが魅力と語る。小中高のソフトボールの選手から一転、大学では野球部のトレーナーとしてチームを支える。トレーナーになろうと思ったきっかけは弟の怪我であった。先生がジムで治療している様子を見てその仕事に興味を持ち自分もサポートする側になりたいと考えた。トレーナーは選手とは違い自分がプレーをするわけではない。そんな中で選手の疲労度合や体の感覚を把握するため、コミュニケーションを取りながら進めることに苦労する一面も。試行錯誤の毎日ではあるが、「サポートしていた選手が試合で活躍したり、選手からの感謝の言葉がうれしくて頑張れる」とトレーナーの仕事にやりがいを感じる。「One team One mission〜繫続は力なり〜」このスローガンのもと、これまで大切にしてきたメンバーとのつながりそして決めたことを継続することを心がけている。落ち着いて選手の状態や気持ちを考えて、明るく接することも大切にしている。トレーナーとして野球部を支える最後の1年。選手の最高のパフォーマンスを引き出す。チームの縁の下の力持ちとなり、勝利に貢献してほしい。

プロフィール

〇辻中亜季(つじなか・あき)

スポーツ健康科学部4回生

帝塚山高校出身

学生トレーナー


【2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について