同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
7月のWEB企画 : 柔道部
写真特集「柔道部」

第2回

写真特集「柔道部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

初めて優勝した2008年当時の3人(左から橘、竹本、甲斐)

 

今年5月の関西学生大会でこの大会3連覇を達成した女子三人制のチーム。初戦、準決勝、決勝と相手に1つのポイントも与えることなく優勝を果たした。まさに“関西敵なし”と言える磐石の勝利だったが、この3連覇は決して楽に達成されたものではなかった。

 

2008年当時、同志社柔道部は男女を通じて、関西学生大会の団体戦で優勝したことはそれまでなかった。そんな中、女子3人制のチームが歴史を塗り替える優勝。関係者やOBは嬉しさを爆発させた。しかし同時に驚きを隠せなかった。それもそのはず、チームはエントリー終了後の大会直前に怪我で甲斐(スポ3・当時1年)を欠くことに。試合には竹本(法4・当時2年)と橘(スポ3・当時1年)の2人で臨むこととなってしまった。必然的に不戦敗という形で相手にポイントが入り、優勝は厳しい状況。

 

しかし、チームはあきらめなかった。「ともに勝たないといけないというプレッシャーが逆に力になった」(橘)。2人は初戦から見事な柔道を展開し、一本勝ちを量産。決勝の強豪、関大相手にも2人がともに一本で勝利し、その後の活躍を約束するかのような勝ち方で見事に優勝を決めたのであった。

 

チームは2009年も磐石の勝利を果たす。しかし、女子の部員は相変わらず3人のまま。2008年の優勝で自信はついていたものの、1人でも怪我で選手を欠くと団体戦出場が危ぶまれる状況に変わりはなかった。

 

しかし、そんな柔道部に今年、1年生の女子2人が入部。「練習相手も増えたし、なにより活気が出てきた」(竹本)。部全体で待望していた新人の加入はチームの不安を解消するとともに、よい影響を与えているようだ。「5人で全国の舞台を勝ち上がっていきたい」(竹本)。もう怖いものは何もない。関西で不動の地位を築いた女子チームはより高い目標を見据えている。

 

今年の優勝の記念写真には、荒井(左下)と中野(右下)の頼もしい1年生2人が加わった。

 

(神戸達也)

【7月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について