同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
関西大学ラグビーAリーグ
関西大学ラグビーAリーグ
インカレに向け好発進
ジュニア部門優勝
'19夏の展望「...
'19夏の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年8月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集 : 硬式野球部
山田有記・辻弥侑・岩田紗菜子

2019年度同志社硬式野球部 裏方特集


山田有記

「選手とシンクロさせる勝利への執念」


「シンクロで学んだストレッチをみんなに伝える仕事がしたい」という思いから、トレーナーとして選手を支える山田優記。

小学校2年生からおよそ10年間習っていたシンクロの経験を生かし現在は硬式野球部トレーナーとして活動している。

トレーニングを行う上で、選手の「実践メニューをしたい」という現実的な要望を伝えられると、辛さを感じてしまう。そんな時は、元アスリートとして、しっかりと基礎体力の大切さを伝える。試合などで力を発揮できた時の選手の嬉しい表情を見ると、トレーナーとしてのやりがいを感じる。裏方だけが見れる表情やコンディションの違いも、励みになっている。

「今年のチームは、オンとオフの切り替えが感じられる。去年と比べると、マイナスな発言が減った。」と笑顔で語る。

トレーナーとしての業務を果たす一方で、オフには高校時代の友達と遊びに行くなど、リフレッシュも忘れない。

硬式野球部の一員として、笑顔で選手を誠心誠意支えていく。


〇プロフィール

山田有記(やまだ・ゆき)

法学部3回生

同志社高校出身

学生トレーナー

 

辻弥侑

「選手第一」をモットーに。


選手に負けない熱い思いで共に戦う敏腕マネージャーがいる。辻弥侑(法3)だ。

辻がマネージャーを始めたのは、基本的に人のために動きたいと思ったからだ。中高は陸上部で走り幅跳びをしていたが、父と2人の弟の影響で、野球に囲まれて育った。そのため、「マネージャーをするなら、ずっと大好きな野球」という絶対に譲れない思いがあった。

「直接プレーに関わるわけではないが、裏方がいないとチームが回らない」。ここにマネージャーのやりがいを感じている辻は、広報を担当。選手の魅力をどれだけ伝えることができるかを考える。情報を発信する際にも、選手の意見を聞くようにして、選手あっての自分だと感じている。選手からの「ありがとう」という言葉や、保護者の方からの自分が書いたブログに対する称賛でとても元気が出る。

オフの日も野球をたくさん見るほど、野球漬けの生活を送っている辻。

これからも、だれにも負けない野球部への愛でチームを支える。



〇プロフィール

辻弥侑(つじ・みゆう)

法学部3回生

同志社香里高校出身

マネージャー

 

岩田紗菜子

「ウグイス嬢の務め」

「三番ショート杉内君」。彼女の声が球場に響き渡る。放送委員として試合の放送はもちろん、チケット販売やスコアボードの操作なども行う。直接的ではないが、陰ながらチームを支える。高校時代は帰宅部。だが野球の試合を観るのが好きということもあり、大学では放送委員という形で野球に携わることを決めた。マネージャーと比べて、平日は仕事が少ない。その分土日の試合に集中できる。試合当日は、より一層大会運営に力が入る。「協力し合って1つの目標に頑張っていることが伝わってくる」。試合をしっかり見ているからこそ出た言葉であった。岩田はいつも放送席から選手たちの活躍を願っている。彼女の思いも背に、これからも同志社は戦う。朗らかな声で次戦も同志社の勝利を告げる。


〇プロフィール

岩田紗菜子(いわた・さなこ)

文化情報学部3回生

大分東明高校

放送委員

 

【2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について