同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
’19ルーキー特集:坂東里...
’19ルーキー特集:岡部哲...
関西選手権でのスーパーシー...
予選通過!
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年6月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集 : 硬式野球部
眞壁更紗・富田真結

2019年度同志社硬式野球部裏方特集

眞壁更紗

「愛する選手と二人三脚!」


野球と出会ったのは小学生。その頃から弟の試合を見に行ってスコアを書いていたと言う眞壁。野球の魅力に取りつかれ、高校時代は野球への熱い想いを胸にマネージャーとしてチームを支えた。大学では豊富な知識と経験を生かすことができると考え、トレーナーの道を選んだ。

 グラウンドでキラキラと輝く選手達。その活躍の裏には選手を陰で支えるトレーナーの存在がある。練習メニューのサポート、コンディショニングやマッサージ、テーピングなどその内容は多岐にわたる。眞壁はそれらの勉強も独学でこなすほど勤勉なトレーナーだ。

 トレーナーとして選手の活躍を強く望む。常に選手の努力を間近で体感している眞壁は「冬練の間に辛い練習をしているので勝ってほしい」と選手に対する強い思いを語る。

「眞壁に任せたら大丈夫と思ってもらえるようなトレーナーになりたい」。彼女の努力と思

いは、必ず選手のハートに届くはずだ。


〇プロフィール

眞壁更紗(まかべ・さらさ)

社会学部2回生

同志社高校

学生トレーナー


富田真結

「悩んで気づいた裏方の大切さ」

陰ながらグラウンドで選手を支えるマネージャー、冨田真結。常に笑顔の彼女だが、マネジャーという役割に慣れるまでは戸惑いも多かった。

高校生の時から野球部の裏方に興味があった。高校の野球部にマネージャーがなく、中学まで続けていたダンス部へ。ダンスは前に出るのは当たり前だったが、マネージャーが前に出ることはない。「選手の人からしたらマネの仕事って意味あるのかな」(富田)。自分はチームの勝利に貢献しているのか、入部してから常に頭を悩ませた。

入部して半年、転機が訪れる。秋季リーグ時自分が仕事をすることで選手がすごく喜んでくれた。そこから彼女は自身の仕事に価値を見い

出せた。求める以上のことができたらもっと選手は喜んでくれるだろう。選手の笑顔で悩みが解決し、マネージャーの仕事にもこれまで以上に精を出した。

マネージャーの仕事は決して派手ではないが、必要とされている。そのことが冨田を奮い立たせる。マネージャーがいなくては硬式野球部の運営は滞ってしまう。

選手のため何が出来るかと意気込んだ春期リーグ。間も無く最終節で立命大と相見える。立命大から勝利すべく今日も選手達を信じる。


〇プロフィール

富田真結(とみた・まゆ)

商学部2回生

同志社香里高校

マネージャー



【2019年度 同志社硬式野球部 裏方特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について