同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
‘19ルーキー特集 : バレーボール部
柴田竜、伴大輝、宮野陽悠河
春季リーグ戦を終えたバレーボール部男子。リーグ10位と悔しい結果で終わったが、多くの収穫を得ることも出来た。その内の一つが新1年生の活躍だ。

左から、宮野陽悠河(心1)、柴田竜(文情1)、伴大輝(商1)

初めに紹介する選手は柴田だ。レシーブ、スパイク、ブロックの様々なプレーを器用にこなす選手で、土壇場で見せる思い切りの良さも強みだ。バレーボールには小1から触り始め、高校では洛南高校で春高優勝も経験。大学に進学し、ウェイトトレーニングなどの質が上がったことにより、技術だけでなく肉体強化にも磨きがかかった。開幕戦にはスタメンで出場し、金光(商4)の裏エースとして躍動。対京産大戦では、フルセットの激闘を経験し精神的に大きく成長した。「4回生の金光さんのような、レシーブも出来るし、スパイクも打てるみたいな、もっと幅の広いプレイヤーに4年かけてなっていきたい。そのためにも良いところをどんどん吸収していきたい」とこれからの意気込みについて語り、貪欲な姿勢を見せた。

対龍谷大戦でもスパイクを決めた柴田

2人目は伴。190㌢近くある身長を活かし、MBとして開幕戦からコンスタントに出場した。爆発力のあるスパイクも魅力だが、特筆すべきはブロック。ブロック時の到達点だけなくブロックの技術も高く、多くのスパイカー達の手を焼かせた。対龍谷大では相手のエースを1枚で止め、自身の力を証明した。バレーボールを始めたのは小6のころ。高校は東福岡高校に入学し、3年時の春高ではベスト16まで進出した。そして同志社大学に入学。先生の指示ではなく、自分達で練習を決めるという環境に変わり、「自分で意識を高くもたないとうまくなれない」と危機感を抱いた。いつでも声を人一倍出し、今ではチームのムードメーカー的な存在となっている。今後の意気込みについて、「春はけが人多かったので、秋リーグは関西優勝したい。そして次の代もその次の代も上位にずっとくいこんでいけるように頑張ります」と快活に語った。

喜びを爆発させる伴

最後に紹介する選手は宮野。レシーブを武器とし、大学でも後半からリベロとして多く出場し、近大戦では安定したレシーブを見せた。小1からバレーボールを始め、高校は柴田と同じ洛南高校に進学した。守備の要としてチームを支え、春高優勝に貢献。「洛南カルテット」の一員として存在感を放った。同志社に来た理由として高校の先輩である梅原(心4)や本圖(心3)が在籍していることも挙げたが、「なんか同志社がいいな」と、自分の直感によるところも大きかったことを示唆した。「4回生とやれる時間も限られてくる。だから練習からチームが勝てるように一つ一つ集中して、成長できるようにしていきたいです」。大学でもより一層の成長を図る。

相手サーブに構える宮野

勝ち切れない試合が多かった春季リーグだったが、新星の飛躍につながる大会でもあった。秋季リーグの第一の目標は開幕戦からフルメンバーで出ることだろう。そのため今季よりもレギュラー争いが激化することが予想されるが、互いに研磨しあいさらなるレベルアップを目指していく。(中川海太)

〇プロフィール
#18 柴田 竜(しばた めぐむ)
身長178㌢、最高到達点328㌢、ポジション:サイド
出身高校:洛南高校

#14 伴 大輝(ばん だいき)
身長188㌢、最高到達点330㌢、ポジション:センター
出身高校:東福岡高校

#16 宮野 陽悠河(みやの ひゅうが)
身長182㌢、最高到達点320㌢、ポジション:サイド
出身高校:洛南高校

【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について