同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
‘19ルーキー特集 : 硬式野球部
'19ルーキー特集:青地斗舞、道端晃大

『One team One mission ~繋続は力なり~』

硬式野球部は、秋季もこのスローガンを胸に日本一を目指して一直線に突っ走る。

そんなチームに今春、期待の新星として現れた ”桐蔭コンビ” をご紹介しよう。

青地斗舞(スポ1)と道端晃大(法1)はともに大阪桐蔭高校出身のルーキーだ。

今後チームがさらなるステップアップを実現するには、この2人の活躍が必要不可欠である。

笑顔をみせる青地


青地斗舞は昨年、春夏連覇を達成し高校野球界を席巻した大阪桐蔭高校の不動の2番打者を務めた実力者。

特に、バッティングのミート力には、光るものがある。これには青地も「(ミート力には)すごく自信を持っていて、そこはバッティングスタイルを変える中でも譲れない部分なんで、ミートしながら強い打球を打つということを今はやっています。」と持ち味を自負している。高校時代をよく知る道端は「頼れる選手です。ここぞという時に打ってくれるんで頼りにしています。」と青地に絶対的な信頼を寄せている。

春季リーグこそあまり出場機会に恵まれなかったが、秋季以降はその確かな打力に注目が集まる。

バットを構える青地


青地と同様に大阪桐蔭高校出身で、春季には7試合を投げ防御率は0.84と華々しいデビューを飾った道端晃大。

しかし、青地とは対照的に桐蔭ではなかなかベンチ入りすらできなかった。

左腕を振りかぶる道端


一方で、大学に入って初めてのリーグでは、主にリリーフとして登板し、持ち前のストレートとツーシームを武器に、幾度となくピンチを切り抜け、同志社に勝利をもたらしてきた。

「僕も頑張って試合で活躍して、ゆくゆくは同志社を引っ張っていくだけの力を二人共つけて、リーグ戦優勝したい」(青地)道端の活躍は同じ桐蔭出身ルーキーとして青地にも大きな刺激を与えている。

秋季以降では、自身も課題として挙げているスタミナに磨きをかけることで、より長いイニングで登板し、同志社投手陣を支える存在になることが期待される。

今季7試合出場した道端


春季に5季ぶりのAクラス入りを果たすなど、徐々に上昇傾向にあるチーム状態に加え、新戦力となる”桐蔭コンビ”の存在を考えると、同志社硬式野球部の未来は明るいに違いない。


〇プロフィール

青地斗舞(あおち・とうま)

スポーツ健康科学部1回生。大阪桐蔭高校出身。ポジション右翼手。身長173㌢・体重76㌔。

オフの日の過ごし方:とにかく遊ぶ

目標とする人:藤原恭大(千葉ロッテマリーンズ)


道端晃大(みちばた・こうだい)

法学部1回生。大阪桐蔭高校出身。ポジション投手。身長178㌢・体重83㌔

オフの日の過ごし方:寝るか、遊ぶ

尊敬する人:西谷浩一(大阪桐蔭監督)


【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について