同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
‘19ルーキー特集 : 準硬式野球部
'19ルーキー特集:佐伯奨哉、菅野豪琉、西島郁馬

佐藤大晟率いる新チームとなり、日本一を目指す準硬式野球部。今後、勝負のカギを握るであろう3人の新鋭を紹介する。


すでに重要な戦力となりチームに定着している佐伯は少年野球の監督をしていた父の影響で野球を始めた。中京高校軟式野球部で2年連続全国・国体優勝を果たし、その後同志社で軟式から準硬式に移行。入部直後から頭角を現した。140キロを超える直球で会場を沸かし、春リーグ全体で31回32奪三振の成績。個人賞を総なめした。しかし彼はさらなる高みを目指している。「投手としていざとなったら自分が助けられるような選手になりたい」日本一、さらに将来的にはプロ野球を目標に掲げている。「父に恩返しできるように」絶対的エースの今後の活躍に注目だ。


春リーグで大活躍を見せた


春リーグでは打撃の活躍が目立った菅野は花巻東高校出身。強豪校で野球一筋で頑張ってきたため、準硬の自由さそして大学生活そのものが新鮮である。「将来は年収2000万が目標です」野球以外にも高い志を持ち、簿記や英語の勉強に励んでいる。そんな菅野にとって同じ花巻東出身の前主将・佐藤唯と野球できたことが大きな糧となった。怪我の影響もあり守備でチームの力になることができなかったが、今年こそはレギュラーを取ることを目標としている。「全日で大晟さんを胴上げしたい」菅野の一打が勝利へ導く日も遠くはないだろう。


選手権をかけた2次予選では2得点に貢献した


試合前恒例の儀式をはじめ、力強い応援が持ち味の準硬。さらに試合を盛り上げる元気印が新たに加わった。西島は小学校から野球をがむしゃらに続けてきた。大学で熊本から上京し、関西人の面白さに衝撃を受けたという。「いつでも全力」な彼の真面目さや明るさは自然と部を盛り上げ、既にムードメーカーとして一目置かれている。「声かけとか元気でチームの雰囲気を変えられるようになりたい」同じ九州男児である主将・佐藤大を目標に掲げ、影響力のある選手を目指す。全力少年が準硬の勝利を後押しする。


得意のエッサッサを披露した


主将も彼らを「チームにプラスを与えてくれる存在」と太鼓判を押す。日本一に向けたステップとも言える秋リーグは9月に開幕する。3人の活躍に期待が高まる。(久保友紀恵)


○プロフィール

佐伯奨哉(さえき・しょうや)

岐阜県・中京高校出身。ポジションは投手。

179㌢・77㌔。スポーツ健康科学部1年。


菅野豪琉(かんの・たける)

岩手県・花巻東高校出身。ポジションは外野手。

173㌢・68㌔。商学部1年。


西島郁馬(にしじま・いくま)

熊本県・熊本県立第一高校高校出身。ポジションは捕手。

175㌢・71㌔。スポーツ健康科学部1年。

【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について