同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第45回全関西学生ライフル...
第45回全関西学生ライフル...
創部史上初!女子団体優勝!
'19ルーキー特...
3年ぶり、関西王者奪還!
'19ルーキー特...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年7月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
‘19ルーキー特集 : ラクロス部
’19ルーキー特集:北川李帆子、相馬あい

今年も、全国大会を目指し奮闘する女子ラクロス部に、期待の新人が入部した。

 北川李帆子(グロ地1)と相馬あい(スポ1)だ。大学で初めてラクロスに触れた二人。新たにラクロス部の門をたたいた彼女たちの、熱い思いと意気込みに迫る。


ポーズを決めてくれた左:相馬(スポ1)と右:北川(グロ地1)

 

 一人目の北川は、体験での先輩のかっこいい姿に憧れ、入部を決めた。ラクロスの好きなところは、試合で得点したときにポジション関係なく皆で集まってクロスを合わせる瞬間だと語った。ラクロスでは試合中何度も仲間全員とコミュニケーションを取り、喜びを分かち合ったり、時に励ましあうことができる。そんなラクロスならではのチームメイトとの距離の近さに、彼女は大きな魅力を感じている。入部前に感じたように、自身も周りにかっこいいと思ってもらえるラクロッサーを目指したいと、元気よく意気込んだ。


 二人目の相馬は、野球部出身だ。ポジション別に練習をする野球と違い、ラクロスはみんなで同じ練習をする。だからこそチームメイト同士で刺激し合い、高め合えることに彼女は楽しさを感じ、日々の練習に取り組んでいる。なりたい姿は、周りに影響を与えられる人。「一回生大会とかがあって、個人もだけどチーム全体でレベルアップしないといけないと思うので、自分だけじゃなくて周りにも気を配ってチーム全体のレベルアップに貢献したい」と熱い想いを語った。はやくも一回生大会に向けて意気込みは十分だ。野球で培った持ち味の強肩を生かし、力強いシュートや一対一で、チームの得点源として勝利に貢献していくに違いない。


 一回生大会では、一昨年から2年連続でサマー、ウィンター連覇を果たしている。先輩達につづき、王者の座を守り抜くことができるか。期待のルーキー達を迎え、大所帯となった女子ラクロス部の熱い夏が、今年も始ろうとしている。



◯プロフィール


ポーズを相談する左:相馬と右:北川


・相馬あい(そうま・あい)

東京都・高校保谷高等学校出身

スポーツ健康科学部

<style type="text/css">margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px '.Hiragino Kaku Gothic Interface'; color: #454545} p.p2 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; font: 12.0px 'Helvetica Neue'; color: #454545; min-height: 14.0px} span.s1 {font: 12.0px 'Helvetica Neue'}

チャームポイントは小さい手


・北川李帆子(きたがわ・りほこ)

大阪府・夕陽丘学園高等学校出身

グローバル地域文化学部

チャームポイントは靴下焼け

【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について