同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
打倒関大ならず、秋リーグ準優勝
快勝!秋リーグ無敗で最終節へ進む
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
‘19ルーキー特集 : アーチェリー部
'19ルーキー特集:塚田匠、飯塚健斗

今季、リーグ戦準優勝・王座ベスト8という結果を残し、成長と悔しさを感じながらさらなる躍進を誓った男子アーチェリー部。そんな日本一を目指すチームに、フレッシュなルーキー達が数多く仲間入りした。その中でも、共に北海道から同志社へやってきた、今後期待のかかる2人を紹介する。



リーグ戦での塚田



1人目は、塚田匠(スポ1)。アーチェリーを始めて今年で5年目になるが、中学では野球部に所属していたという。親が弓道経験者であることと、個人競技に興味があったことから高校でアーチェリーの道を志した。

高校ではインターハイや国体に出場するなど活躍を見せるも、「個人的にいい成績が残せたわけでもないし、満足はしていなかった」。上を目指したいという向上心が大学でもアーチェリーを続けるモチベーションとなった。

春季リーグ戦には、3戦目の対神戸大学戦で初めてメンバーに選ばれ堂々とした行射を見せた。個人競技といえども、リーグ戦はメンバー全員で大学を背負って戦う。「改めて同志社でアーチェリーをできる嬉しさを感じた」と話した。それと同時に、もっと強くなってこのチームで点数を出していける選手になりたいという強い気持ちが芽生えたという。塚田にとってのアーチェリーの魅力は、成功するのも失敗するのも自分の責任というところ」。自らのパフォーマンスをさらに磨き上げ、チームを引っ張る存在になってほしい。 



リーグ戦での飯塚



2人目は飯塚健斗(商1)。アーチェリーを始めたきっかけは仲の良い先輩の友人からの誘いだという。高校では、塚田と共にアーチェリーに打ち込み、全国選抜大会3位(ミックス戦部門)などの成績を残した。そして、スポーツ推薦で入学。高校以上にアーチェリーを洗練させ、王座の代表に選ばれて優勝したいという強い気持ちを持ち、同志社アーチェリー部の門を叩いた。

春季リーグ戦には2戦目の対京都大学戦でデビューした。1回生の中ではトップバッターとしてリーグ戦に出場し、大学を背負って出る重みを実感したという。

飯塚にとってのアーチェリーは「相手に左右されず自分がいいパフォーマンスをしたら勝てるという条件がいいなと思う」。自分の努力と精神力次第で結果を残すことができるところが魅力だと語った。


今後の目標を聞くと、2人は揃って王座の団体メンバーになって、優勝することだと語った。6月に行われた王座にて大学の誇りを持って戦う先輩達の姿を間近で見てさらに気持ちが強くなったという。

王座で戦うことのできるメンバーは数少ない実力者のみ。来年、誰がメンバーに選ばれ、輝かしい結果を残すことができるのか。今から期待が高まる。(井代奈那子)



〇プロフィール


塚田匠(つかだ・たくみ)。スポーツ健康科学部1年。北海道帯広三条高校出身。。174㌢、80㌔。趣味は恋愛映画を見ること。


飯塚健斗(いいづか・けんと)。商学部1年。北海道帯広三条高校出身。179.5㌢、73㌔。趣味はアウトドア。


【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について