同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
‘19ルーキー特集 : 居合道部
'19ルーキー特集:住田友輔、酒井玲奈

先日6月30日に行われた西日本大会で見事優勝。そして2連覇を成し遂げた同志社居合道部。これから先もその名を歴史に刻んでいくだろう。しかし、これから厳しい夏を迎え、秋の西日本大会、そして全日本大会と、王者として歩むその道のりは決して平坦ではない。数ある大会を勝ち進んでいくには、戦力の底上げ、新戦力の台頭が不可欠だ。今回は西日本大会の個人戦で入賞を果たした2人のルーキーに注目し、取り上げていきたい。



個人戦で表彰される1年生剣士たち



まず1人は居合に没頭する実力者、住田(政策1)だ。中学では登山部部、高校ではラグビー部に所属。6月23日に行われた第46回京都府居合道大会では優勝を遂げるなど、多くいる1年生の中でも随一のセンスが光る。また、西日本大会の強化練習にも参加を果たし、腕により磨きをかけた。趣味は何かと尋ねると、「趣味は居合。休みの日も居合の練習。」と語り、彼は既に居合の虜(とりこ)のようだ。今練習で取り組んでいることは姿勢の維持。この課題をクリアして一層強くなった彼の姿に注目だ。



期待を背負い演武に挑む住田



2人目に紹介するのは酒井(理工1)だ。大学へ入学したときに刀を持ったことをきっかけに入部を決めた。前主将の日笠(理工4)は「全体的に完成度の高い演武をできるのが特徴」と話す。これまでの人生でスポーツ経験はないが、日々努力を積み重ね、大会での入賞を狙う。居合道の魅力の1つに男女関係な1つの競技として戦い合えることが挙げられる。彼女自身、身長もあまり高くなく、筋肉量も少ないが西日本大会に向けての2部練習で猛特訓を続けて、見事入賞を果たした。今後も試合経験を積み重ねて賞を取り続けたい。



努力で入賞を勝ち取った酒井



今回は2人だけの紹介だったが同志社からは6人ものルーキーが西日本大会で優秀演武賞に輝いた。これからの大会では彼らのさらなる飛躍が求められる。全日本連覇に向けて剣士たちはこれからも稽古に励む。 (上辻創太)


◯プロフィール

住田 友輔(すみだ・ゆうすけ)

身長174センチ

京都府・京都成章高校出身

政策学部政策学科1年

趣味は稽古


酒井 玲奈(さかい・れな)

154センチ

兵庫県・加古川東高校出身

理工学部インテリジェント情報工学科1年

趣味は動画編集、絵を描くこと


【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について