同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
勝利の中に新たな課題が[ハ...
接戦見せるも1中差で敗北
2019年度秋季リーグ開幕...
2019年度秋季リーグ開幕...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
‘19ルーキー特集 : ヨット部
'19ルーキー特集:三浦凪砂、井口七海、舘優真

毎年ヨット部にはセレクション選手が入部してくる。現在主将を務める藤野(商4)はもちろん。副将の松尾(心理4)や先日の個人戦予選で優勝した續木(社3)・三浦匠(スポ2)ペアもセレクション入部だ。そして今年。3人の精鋭が同志社へやってきた。


三浦凪砂(左)


1人目は三浦凪砂。

兄の影響で小学校1年生時からヨットを始め、高校時代には1人乗りヨットであるレーザーラジアル級でインハイと国体で優勝。静岡県の五輪強化指定選手にも選出され、世界選手権などにも出場している実力者だ。


現在は2人乗りヨットに苦戦している。「今まではずっと1人で乗っていたので。感覚が全然違くて難しいです」。前線での活躍が期待されるだけに適応が待たれる。


兄の影響で始めたものがヨットのほかにもう一つあった。「兄の影響でゲームが好きで。ゲームセンターでストリートファイター2をよくしていました」と、意外な一面を持っている。


井口七海


2人目は井口七海。

愛知県立半田高校出身で、高校3年生時にはインハイ優勝を成し遂げている。ヨットは風が弱いと総重量が軽い艇が有利になるため、そんな時に井口が出陣する。


同志社ヨット部入部に際して、「初心者でヨットできたらかっこいい」との理由で素人を装うとしていた。しかし入学式前に行われる体育会に推薦で入部する新入生たちの集まりで主将・藤野と偶然遭遇。藤野は「早々に夢打ち砕かれたね」と笑顔で当時を振り返った。


「女性プレイヤーをもっと増やしていきたい(藤野)」なかで、彼女たちの活躍で好影響が出ることに期待がかかる。


舘優真


3人目は舘優真。

現役部員唯一の工業高校出身であり、高校時代にはインハイや国体にも出場している。


小学校ではサッカー、中学校ではテニスに取り組むも思うように続かなかった。

そして高校入学を機にマリンスポーツへの興味からヨットを始め、3年間で全日本規模の大会に出場するほどの力をつけた。


ヨットとは高校で別れを告げ、専門学校へ進学する予定だった。そんな時に声を掛けたのが同志社だった。「ヨットはせっかく3年間やってこれたスポーツなのでもっと続けようと思った」(舘)。

その期待に応えるかのように先日の琵琶湖セーリングチャンピオンシップでは一時2位を奪うなど、片鱗の一端を見せている。


以上の3人の他にも多くのルーキーが入部している。フレッシュな風が吹くDUYCの今後にぜひ注目していただきたい。


〇プロフィール

三浦凪砂(みうら・なぎさ)。静岡県立湖西高校出身。趣味はゲーム。スナイプ級スキッパー。168㌢。スポーツ健康科学部1年

井口七海(いぐち・ななみ)。愛知県立半田高校出身。趣味は読書。470級クルー。160㌢。社会学部1年。

舘優真(たち・ゆうま)。三重県立津工業高校出身。趣味はアニメ鑑賞。下宿先でよく同期部員たちに料理を振る舞っている。470級スキッパー。163㌢・52㌔。商学部1年。


【‘19ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について