同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
関カレ開幕!
'19秋の展望「...
’19秋の展望「自転車競技部」
立命大戦で目標達成【陸上ホ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年10月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
出身特集 : ラグビー部
「ラグビー部」関東地方・東京都

[江戸から京都へビッグゲイン]


5/5の同志社ラグビー祭でゲインする桑山


現在同志社大学ラグビー部で活躍している桑山の原点は東京にある。5歳のとき親と友達の影響でスクールに入り、ラグビーを始めた。小中学校の頃に毎日練習したスクールは、帰省したときに必ず練習に顔を出すほど。彼にとって大きな財産となっている。そして中学3年で全国大会に出場した彼は、名門・國學院久我山高校に進学。高校1年・2年で花園に出場し、大舞台を経験した。


同志社に来た理由は、伝統の紺グレジャージに袖を通したかったから。昨年まで、Jr.リーグで経験を積んだ。そして今季、桑山は夢叶ってAチーム入り。今ではSOとしての役割を果たしつつ、突破力のあるプレーで司令塔としてチームを引っ張る。


4/21の関学大戦にて入場する桑山


並大抵では無い決意を持って京都に訪れた彼が真っ先に驚いたことは、言葉の違いだ。標準語で育ったため新鮮だった。怖い・きついといったイメージのあった関西弁も、良い友達に囲まれ、今では好きになった。京都の都会過ぎず、風情のある街がお気に入りだ。これからもお気に入りの街・京都で百発百中のキックを見せてくれる。【文責・野村大智】


○プロフィール

桑山太一(くわやま・たいち)

東京都・國學院大學久我山高校出身。165㌢、80㌔。

ポジションはSO(スタンドオフ)。政策学部3年。

【出身特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について