同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : サッカー部
’19秋の展望「サッカー部男子」


再び1部の舞台へ‼


悔しい結果に終わった関西選手権から早3ヶ月。ついに秋季リーグ戦が開幕した。春季をまさかの6位で折り返し、1部復帰が遠のいた同志社イレブン。だが、戦術、フォーメーションを大幅に変更し、全く違う形で秋季リーグ戦へ挑んだ。


前期とは全く違うサッカーを見せる同志社


開幕戦からすぐに結果が出た。第1節の関西国際大戦では大雄(政策3)が2得点を挙げ、2-0と快勝。細かくパスを繋いでいき、ボール支配率を上げることで、試合自体を支配した。角家(政策4)のファインセーブも連発し、事実上の完封勝利となった。


開幕戦2ゴールを挙げた大雄


続く第2節の大商大戦。春季では逆転敗北を喫し、苦手意識があったにも関わらず、中野(商3)、東(神1)、加藤(政策4)、それぞれの得点で3-0と圧勝。選手交代策も見事的中し、苦手意識を克服。選手たちの表情もだんだん明るくなってきていた。


大商大戦後の「勝ちロコ」


第3節では姫路獨協大との一戦だった。細かいパスワークでサイド、中盤の両方から相手ディフェンス陣を崩し、6-2で勝利。竹田(商4)の2ゴールなども見られ、今季チーム最多の6得点を獲得。しかし、2失点を喫するなど課題点も見つかった。


前線を牽引する竹田


開幕3連勝を上げ、チームの勢いは波に乗っている。第3節を終えた時点で、開幕戦から順位を2つ上げ4位に浮上し、一部復帰の目途が見えてきた。だが、あくまで狙うは2年前と同様の後期全勝優勝。主将・西中(政策4)は「(1部復帰のため)1個も負けられない」とチームの未来を見据えている。再び1部の舞台へ。同志社イレブンの反撃は誰にも止めることはできない。(岩木博哉)


【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について