同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : 相撲部
’19秋の展望「相撲部」
集大成へ

相撲部集大成の時だ。11月2日から3日にかけてインカレが行われる。今年は大阪の地に全国からの精鋭が集まる。

今年は昨年と比べ、大きいタイトルを多く手にした。6月の西日本学生相撲選手権大会では団体の部で近大に次ぎ、準優勝を勝ち取った。また個人戦でも活躍が目立っていた。同大会で主将竹林(スポ4)とトゥルトクトホ(社4)はベスト8、全国選抜大学・実業団相撲刈谷大会では田中(法4)が実業団選手たちにも果敢に挑み、ベスト8まで進んだ。4年生の功績が光ったシーズンだった。

主将の竹林

西日本大会で個人ベスト8まで進んだトゥルトクトホ

実業団対抗大会でも結果を残した田中

夏休みには自分の形を見つけること、また技を磨くことを念頭に稽古を行った。さらに夏に行われる体重別大会に向けて各々が体重を増やしていた。鮓本(商2)は階級値ギリギリまで体重を増やし、見事全国体重別大会の85㌔級でベスト8入りを果たした。

自分に勝ち、自分らしい相撲を目標に

インカレでは団体ベスト8まで残ることを目標としている。そのために取りこぼしをしてはならない。4年生にとっては最後のインカレとなる。その分思い入れも強い。「自分に勝つこと、自分の相撲を取りきること」(竹林)主将の思いはどの選手にも共通して言えることだろう。1年の集大成、力強い一番に期待だ。【小松夕夏】

【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について