同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : ボウリング部
'19秋の展望「ボウリング部」

関西連覇へ


勝負の秋季リーグが始まった。昨年、31年ぶりの関西優勝を果たした同志社ボウリング部。2戦を終え、現在のリーグ戦順位は3位と優勝圏内にいる。「ここからが正念場」と主将の佐藤(商4)は力強く語った。



主将の佐藤


「秋季リーグでは、春より声が出ていて一体感が増している」(佐藤)と、チームの結束力は高まっている。昨年のチームの主力であった4年生が引退し、新たなチームで挑んだ春季リーグ。ライバル京産大に加え、大商大にも敗北を喫し、3位に終わった。秋季リーグで雪辱を果たすため、夏休みの練習では技術面に加え応援にも力を入れた。



新たな試みも行った。これまでは上回生を中心としてリーグ戦のメンバーを構成してきた。だが今大会ではメンバーを決定する際に、選考会を実施。実際に部内で20数ゲームを投げ、アベレージが高い順にメンバー決めた。「選考会とリーグ戦では全然違うけど選考会をしたことである程度全員が自信を持って投げれている」(横田)(法4)。チーム内を勝ち抜いたことでメンバーへの信頼も深まり、団結力を強めている。



ピンを見据える横田



現在、リーグ1位は京産大、2位は大商大だ。春季リーグで敗北を喫した相手との直接対決に向け、闘志を燃やす。「練習のように雰囲気をよくしていけたら」(佐藤)。今大会は例年以上にレーンコンディションが難しい。レーンの攻略、全員が数字を出すことがライバルに勝利するための鍵となる。「ボウリングの考え方とかレーンの攻略の仕方みたいなのが、みんな考えが似ている。そういうところで共有していければ、みんなで打てて、スコアを出せる」(横田)。チームの結束力の高さを深めライバルに打ち勝つ。


1球ごとに話し合いをするチーム


春季リーグでの反省を生かし、チーム力を高め秋季リーグに挑んだ。大一番に向けさらに日々の練習に励み、磨きをかける。堅実な努力はきっと実を結ぶ。(由良恭子)

【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について