同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : 空手道部
'19秋の展望「全日本の頂点へ」

同志社の空手道部はとにかく強い。9月の個人オープントーナメントでは形、組手ともに表彰台に同志社の名を並べた。さらに10月初めの全関西では男女ともに団体形で優勝。団体組手では男子が3位、女子が2位と同志社のレベルの高さを証明した。


昨年の全日本では準優勝だった女子団体形。彼女たちの最大の敵は8年連続で王座を守り続ける帝京大だ。これに立ち向かうべく、今年女主将・岩本(スポ4)が率いるのは、宜保(スポ3)と小久保(スポ2)、そして期待の1年生福西(スポ1)。学年が違えど、チームワークはどこにも負けない。


2019年全日本強化選手に選ばれた小久保


全日本最大の注目は男子団体形だ。昨年帝京大を破り優勝を勝ち取った。2連覇をかけた今年の団体メンバーは4年生の舟久保(商4)、藤田(スポ4)、津田(スポ4)の3人と1年生上山(スポ1)。同期3人の絆と、1年生の支えを力に、帝京大の王座奪還を阻止する。


アーナンを演舞する団体メンバー


男子団体組手は、昨年から福本(商4)の代が主力として戦ってきた。今年はさらに新戦力も追加。全関西では強豪相手に互角な戦いを繰り広げ、勝てる可能性を見いだした。全国の強豪が集まる全日本でどこまで戦えるか期待がかかる。


鋭い目つきで1本を狙う主将・福本


女子団体組手は昨年ベスト8に終わった。メンバーを一新させ、全日本まで準備をしてきた。瀬戸口(文情4)は大将として、後輩2人のたすきを受け取るのもこれが最後。西日本の王者たちが全国の舞台で奮闘する。


瀬戸口に声をかけるメンバー


主将・福本は男女団体形、男女団体形組手の全4競技において「全日本4冠」を目標に掲げた。西日本、全関西と着実に目標へ向かって進んできた同志社勢。結果に期待がかかる。(藤城明子)

【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について