同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第42回関西学生春季室内選...
第42回関西学生春季室内選...
優勝ならずも全日本で健闘
PK戦にもつれ込み惜敗[サ...
'19秋の展望「...
'19秋の展望「...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2019年11月
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
'19秋の展望 : 自転車競技部
’19秋の展望「自転車競技部」

全日本学生トラック新人戦西日本大会が10月27日に岐阜県の岐阜競輪場で行われる。今年は全日本インカレで入賞を果たした松井(スポ2)、チームスプリントで上回生とともに活躍する道城(法2)を筆頭に1年生を含めた5名が出場する。1年生は水上を除き、大学トラックに初めての出場となる。大学に入学してから自転車競技をやり始めた選手が多い。実戦経験のない彼らだが、日々取り組んでいる練習の成果を活かす初めての機会となる。


道城は2019年度の全日本インカレにおいて実力を見せつつある。全日本ではスプリントにおいて、予選を突破し1/8決勝まで進出した。敗退するも全国の強豪たちと渡り合い、奮闘した。チームスプリントでもレベルの高い先輩たちに揉まれながら、自身の成長につなげている。「最後の新人戦、競技生活で得た全てのノウハウをもとに全力で仕上げていきます。優勝することしか考えていませんので、応援よろしくお願いします!」優勝に向けて意気込みを見せた。
ケイリンに出場する道城


松井は、西日本インカレにおいて女子スプリントで優勝しており、全日本インカレでも入賞を果たしている。西日本では敵なしだ。「新人戦は順位もタイムも狙っていきたいです。今年一年の練習の成果を出せるように頑張ります」
松井さらなる記録の更新へ


水上選手はロードレースにおいて良い成績をあげるも、トラックにおいては入賞できずにいる。「新人戦はポイントレースに出場します。インカレ以降調子は割といいので、入賞を目標に頑張ります。応援よろしくお願いします」この新人戦で確かな実力をつけ、次につなげたい。
相手選手に食らいつく水上


森田と岩崎は初めての公式戦だ。「トラックの試合に出るのは初めてなので、状況が読めなかったり戸惑ったりすることもあるかもしれませんがベストを尽くして頑張りたいです」(岩崎)「一回の森田です。今回の新人戦は、はじめてのトラックレースなので、不安や緊張がありますが、持っている力を全力で出して、少しでも良い順位を取って、自分の糧にできるように頑張ります」(森田)彼らは意気込みを見せた。

全日本インカレでは関東勢の実力差に圧倒された。一部の種目では入賞に貢献するも、個人の種目では入賞を果たせていないのが現状だ。
来年につなげるためにもこの大会を実りあるものにしなければならない。彼らの戦いはすでには始まっている。(柳ヶ瀬龍彦)

【出場選手】
道城 海地(法2)
松井 優佳(スポ2)
岩崎 竜也(経1)
森田 光一(法1)

【'19秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について