同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
7月のWEB企画 : ソフトボール部
写真特集「ソフトボール部」

第16回

写真特集「ソフトボール部」

 

<企画概要は第0回ページをご覧ください>

 

 

今回紹介するのは試合の行方を左右した決定的瞬間でも、輝かしい涙の優勝の瞬間でもない。一見、ただの下手な写真かもしれない。

 

 

左から木山(商4)、垣迫(商4)、田子(理工4)。

 

 

この写真はこの春のリーグ戦、第3回戦の関大戦。勝ち越しのピンチにマウンドに集まったほんの少し後の風景である。ここに写っているのは部員では4人しかいない4回生の内の3人だ。木山、垣迫、田子、皆、これまで共に戦い昨年のインカレ3位に貢献した互いにかけがえのない存在だ。最後までマウンドに寄り、声を掛け合う。しかし、1人たりない。1番ファースト椎葉(商4)がいない。

 

 

前の立命館戦の途中で肉離れになり、まさかの離脱を余儀なくされた。最後の夏のインカレにつながるリーグ戦の半分も出られない状況になってしまった。昨年の秋は打率5割をマークするほどの主力選手。チームに与えるダメージは大きすぎる。また、非常に仲のいい4回生で、今まで3年間必死で共にがんばってきた同じ学年の仲間が欠けたのだ。寂しさは隠せない。

 

 

そんな仲のいい、人数の少ない一体感のある4回生だからこそ、ふとした瞬間に全員でグラウンドに立てない寂しさが出てしまった一枚。(桶谷和宏)

【7月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について