同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「剣道部 小島利音・讃岐華...
試合に向けて
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年7月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
主将セレクション2020 : テニス部
主将セレクション「テニス部~男子編~」

テニス部~男子~主将セレクション 2020年を語る

大窪海×岩田

「切磋琢磨」

対談の様子(左から大窪、岩田)


ーー他己紹介をお願いします。

岩田「大窪さんはエースなので、シングルスとダブルス両方1番で出て、頼もしいです。普段は、後輩のことを思う優しいキャプテンです。」

大窪「恥ずかしい。ありがとうございます。(真優(岩田)は、去年1年間はドロー的に厳しくて結果は出せなかったと思うんですけど、とにかく強いので今後が楽しみです。試合中も落ち着いていますし、ガッツもありますし。普段は、うるさくもないし、静かでもない。...適度。(笑)」

一同 (笑)


ーー岩田さんを対談相手に選ばれた理由は何ですか?

大窪「2年生の中で話し合って決めてもらいました。」

岩田「みんなの推薦っすね。」

大窪「しゃべりたがってるって言われてたね()

岩田「はい、僕はじゃんけんしようって言ったんですけど。僕が選ばれました。()


ーー主将に任命されたときどうでしたか?

大窪「『できるかな。』と。もともとそういうタイプじゃないので。不安でしたけど、副将とか同期とか後輩が手伝ってくれたり、一緒に考えてくれたりするので助かってるなと思います。」


ーー新チームはどうですか?

岩田「メニューとかトレーニングとか、部活の内容がしっかり計画されてるので、充実というか、部活してる感があります。」

大窪「緩くなりすぎたら僕らが締めますけど。めちゃめちゃ緩くもなく厳しくもなく、程よくって感じですね。」


ーーライバルはいますか?

岩田「山岸、鈴木ですね。同期の中でも強い2人なんで、負けないように感化されてやってます。」

大窪「んー、僕はモチベ上げてもらっているのは同期の福永ですかね。あんだけ練習頑張る人いないんで。すごいストイック。僕も頑張らないとなと思いますね。」


ーー新3年生はどうですか?

岩田「木本さんと三上さんがすごいです。」

大窪「あと、僕的には笹渕も結構推してます。めっちゃ強いんですよ。ダブルスも組んだし。」

岩田「ダブルス負けました...。」

大窪「凍えたもんね()あいつ強かったなぁ!」


ーーオフの過ごし方は?

岩田「僕は同期と買い物行ったり、ご飯行ったり。」

大窪「僕は基本人に任せているで、同期にどっか行こうって言われたらついていきます。()

岩田「あれ...?ちょっと...。」

一同「ちょっと...???」

岩田「デートの方はどうなんですか?(小声)

一同()


ーー今年の目標を教えてください。

岩田「個人ではインカレにシングルスとダブルスの両方で出場して、出場した上でしっかり結果残すことで、リーグではメンバーとして試合に出て王座に出場することです。」

大窪「チームで王座に行くことをやっぱり1番に考えていますね。そのためにやっぱ、今1番手となっているので、どの大学の1番手にも勝てる実力をつけたいというのが個人の目標です。あと、関西優勝したいなという思いもあります。」

チームの主力として活躍する大窪


昨年のリーグ戦での岩田



対談からは、互いに切磋琢磨しながら日々の練習に励む様子が感じられた。チームで掲げた目標は王座出場。個人競技ではあるが、部員全員が同じ方向を向き、勝利をつかみにいく。(聞き手:小澤菜穂、藤原和奏)


プロフィール

左・大窪広海(主将/法学部4年/名古屋高校出身/17461)

右・岩田真優(法学部2年/同志社国際高校出身/18573㌔)

【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について