同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
「ボクシング部」北陸地方・福井県
忘れられない一戦
最後の戦い
インカレ終幕、生まれた覚悟
ラグビー特集号
'16秋季リーグ報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2020年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
主将セレクション2020 : バドミントン部
主将セレクション「バドミントン部女子」

バドミントン部女子主将セレクション 2020年を語る

彩由子×宇佐紗玲愛

「チーム一丸で関西優勝」


左から長丸、宇佐美


ーー他己紹介をして下さい。


○長丸→宇佐美


長丸「宇佐美紗玲愛、神学部3回生、岡崎城西高校、ストロングポイントはそうやね(笑)、しぶとさ。どんだけ点数離れて負けてても内心焦ってるんやろうけど、見た目は全然大丈夫ですよってクールにこなすタイプやけど、結構落ち込むタイプやから、試合中落ち込まんで続けられるっていうのはいいと思う(笑)」


○宇佐美→長丸


宇佐美「長丸彩由子さん、4回生、文化情報学部、金沢学院高校、ストロングポイントはとにかくパワーがあること!(笑)」


長丸「小ちゃいのにね(笑)」


ーー対談相手を選んだ理由とは


長丸「主務やから(笑)まあ期待してるんで、私も就活でいない間も代理キャプテンとして」


ーー主務は大変ですか


宇佐美「そうですね。大変です。」


ーー去年を振り返って、どういう1年でしたか


長丸「去年はいろいろあり過ぎたよね。」


宇佐美「そうですね。」


長丸「ちょっとキャプテンが心病んじゃった時期は大変で、しかもチーム的にもバラバラっていうか、まとまってなかったっていうのはたぶんずっとやったから、、あとインカレの団体戦もなくなったし、結構インカレの団体戦にかけてる4回生も多かったからそこでモチベーション落としとったりしたから今年は気を改めて、また頑張りましょう。」


宇佐美「そうですね。たぶんあんまり追い込めてないところが結構あったんで、そこが部全体に広まってた気がします。」


長丸「こんぐらいの練習でいいかなっていう楽に終わりすぎた感っていうのはありました。」


ーー新体制になって、チームの変化とかありましたか


長丸「とりあえず、トレーニングは3倍ぐらいに増やして、ひたすら走ってます。」


宇佐美「とにかく走ってますよね。」


長丸「去年がとにかく走らなすぎたからとりあえず走ってみようってことで。今年こんなに走っても負けるんやったら、来年走らんでいいっていう考えにして。今年はとりあえず気の済むまでやれるだけやってみようってことでトレーニングとか練習とかを増やしてます。」


宇佐美「雰囲気が良くなったかなとは感じてます。上下関係がゆるくなってるというか。」


長丸「いい意味でね(笑)」


宇佐美「悪い意味でもある(笑)」


長丸「悪い意味でもちょっとある(笑)」


宇佐美「両方あります」


長丸「1年生がね、なんでも言いやすくなった発言を。今は1年生が天然ってのもあるけど1年生からこうしたほうがいいんじゃない?っていうのもあるから。それはこっちもありがたいし。やりやすくなったって感じです。」


ーー京都リーグに向けての意気込みはありますか


長丸「京都リーグは、、どっちかっていうと関西リーグのほうが大事にしてるから前哨戦的な感じで負けたくはないから。やっぱり試合だから。」


ーー関西リーグに向けての意気込みはありますか


長丸「関西リーグは目標は優勝したいです。でも見た感じ絶対みんな走ってる分成長してるから。なんか見せつけてほしい。就活であんまり練習できない身からしたら。去年と全然違うっていうのを見せつけてほしいけど、試合慣れとかもあるから難しいけど。とりあえず勝ちたい。どんな相手でも。みんななんて言うん。練習のときあんなホワホワしてるけど、試合になったら全員負けず嫌いな気がするから。そりゃ勝ちたいやん。」


宇佐美「自分とかもそうですけど、試合になったら焦っちゃうとか練習でできたことができなくなっちゃうとかあるんで、そこを試合慣れというか。」


長丸「京都リーグで新1年生とかまだわからんから、新1年生と今の1年生を出して、慣れさせて。3年目やし慣れとるやろ?(笑)」


宇佐美「はい。」


長丸「慣れさせて、京都リーグも負けたくないけど、目標は関西リーグって感じでいます。」


ーー今年度の団体戦の目標はありますか


長丸「目標はインカレ8以上。」


宇佐美「一昨年の(ベスト8)超えたいですよね。」


長丸「超えたいね。8もすごいけど。8位上やから、西日(西日本インカレ)で4入って、決勝行きたいよな。でも準決が龍大なんよ。きっと。準決が龍大やから決勝いったら優勝なんよ。」


宇佐美「龍大に勝ちたいですね。」


長丸「龍大に勝ちたい。龍大に勝ちたい。だからって関学、立命に負けていいかって言われたら全然そうじゃないけど、龍大に勝ちたい。圧倒的強さがあるから倒したいよね。」


ーースローガンってありますか。


宇佐美「今年はチーム一丸って感じがしますね。」


一同「チーム一丸で関西優勝」


ーー個人の目標


長丸「就活もあって、4回生でキャプテンって前代未聞というか今までずっと3回生がキャプテン・主務でやってたから4回生で就活ある中でキャプテンって相当部活にも行けないし、でも部活も見ないといけないってことで自分的にはそんな器用じゃないからどっちかにしか力を入れれないから、部活に来れたときはみんなを指導しつつ、復活して戻ってきたときは活躍してやっぱりダブルスなんで。得意な方は。そこは絶対リーグとか団体戦で一本取れるように西日(西日本大会)も優勝できるように、がんばります。」


宇佐美「一昨年とか全然ダメだったんですけど、去年とかはインカレもダブルスで出れたし、関西新人でも結果を残せたんで、今年はやっぱもっと上を目指していきたいし、団体メンバーとして試合に出て、一勝とりたいって思いはあるので頑張りたいです。」


明るく、雰囲気の良い対談となった。部員同士の仲の良さがより一層深くなった女子バドミントン部。きついトレーニングを重ね、チーム一丸となり関西優勝を目指す。(岩木博哉)


〇プロフィール

長丸彩由子(文化情報学部4年/私立金沢学院高校/石川県出身)


宇佐美紗玲愛(神学部3年/岡崎城西高校/愛知県出身)


【主将セレクション2020バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について